文房具メーカー一覧!人気商品・得意分野・特徴も紹介【随時更新】

本屋・雑貨屋・専門店・インターネットなどなど、文房具やステーショナリーグッズは様々な店舗で数多くの商品が販売されているのはよくご覧になっていると思うんです。

どのメーカーから発売されている商品も創意工夫が凝らされ、考え抜かれたアイデアとデザインが組み込まれていてどれも魅力的なものばかり。

だからこそ、文房具やステーショナリーグッズが大好きなのですが…ここでふと疑問が湧いたのんです。

そういえば文房具を発売しているメーカーって業界の巨人以外に一体、どんなメーカーがあるんだろう…ということです。

と、いうことでこの疑問を解消すべくできるだけ多くのメーカーを調べてみようと思います。

是非、参考にしてみてください。

2月20日
2メーカーを追加しました!

Ads by Google

文房具・ステーショナリーメーカーまとめ!各会社の特徴は?

文房具を扱っているメーカーがどれくらいあるのか、という己の疑問に立ち向かうべくできるだけ多くのメーカーを探してみました。

併せて特徴や得意分野なんかも紹介していますので時間の許す限りご覧いただけると幸いです。

コクヨ

売上高3042億円、連結従業員数6,668名(2015年現在)という言わずと知れた業界最大手のメーカーです。

代表的な商品はCampusノートにハリナックスなど。

業界の中でも歴史が長く、日本国民であればコクヨの商品を人生のどこかで1度は使用したことがある。と、言っても過言ではメーカー。老舗です。

みんなご存知、この業界の最大手メーカーになります。

公式HP : コクヨ株式会社

パイロットコーポレーション

売上高983億円、従業員数2560名(2016年現在)とこちらも文房具業界における大手の位置付けにある会社。

代表的な商品はドクターグリップ、フリクションシリーズなど。

ドクターグリップが出てきた時も、フリクションシリーズが出てきた時も衝撃と共に「絶対欲しい」と思ったことを記憶しています。

公式HP : 株式会社パイロットコーポレーション

ゼブラ

売上高212億円、単体従業員数861名という文房具業界では認知度・売上共に上位に位置付けられるメーカー。

代表商品はマッキー、SARASAシリーズなど。

マジックのマッキーシリーズは学校では絶対に一度は使ったことがあるであろう商品。今も絶大な人気と知名度を維持していると感じています。

公式HP : ゼブラ株式会社

ミドリ

株式会社デザイン・フィルが有しているブランドの一つ

レターをはじめ、祝儀袋・色紙・シール等、デザイン性の高いペーパーコミュニケーションアイテムや、機能にデザイン性をプラスしたオリジナリティあふれるデザインステーショナリーを展開しています。

XSシリーズと呼ばれる世界最小クラスのステーショナリーシリーズが人気を得ています。

公式HP : ミドリ

オルファ

日本で初めて折る刃式のカッターを製造・販売した会社。カッター系の文具の品揃えが充実している。

人気商品はオルファ。

従業員数55名ながら売上高70億円越え。大阪の優良企業の一社です。

公式HP : オルファ株式会社

Ads by Google

シャチハタ

ご存知、印鑑の”シャチハタ”を製造・販売している会社。もちろん印鑑のカテゴリーに強みも持ち、販売している印鑑の付属品がこれまたおもしろい。

人気商品はキャップレスシャチハタ、ネームペン。

印鑑に関わる商品はまずここからチェックしておけば間違いないはず。

公式HP : シャチハタ株式会社

三菱鉛筆

こちらも文房具業界の中では長い歴史を持つ老舗メーカー。社名にもあるように最初は鉛筆の製造・販売から始まった会社。

人気商品は鉛筆のuniシリーズ、スタイルフィット。

3色とか5色のボールペンの色を自分で選んで組み合わせられるスタイルフィットが出てきた時は「ありそうでなかった商品が出てきた」印象でしたね。

公式HP : 三菱鉛筆株式会社

ナカバヤシ

文具だけではなくオフィス家具、そしてバイオマスまで取り組んでいる企業。文具の方はアルバムや製本における業界最大手。

人気商品はスイング・ロジカルノート、スマレコシリーズ。

公式HP : ナカバヤシ株式会社

ぺんてる

書く・描くにこだわりを持つ、こちらも文具業界の老舗メーカー。高度成長期は「ノック式のシャープペンシル」「水性ボールペン」「ペンタイプ修正液」を生み出した実績あり。

人気商品はエナージェルシリーズ。

電子機器、産業用自動組立機など文具以外にも個性を発揮するメーカーです。

公式HP : ぺんてる株式会社

山櫻

名刺や封筒など紙製品の製造・販売に強みを持つメーカー。歴史ある企業ですが最近は新たな試みにも取り組み中。

最近の人気商品は+lab(プラスラボ)シリーズ。

「うふっ」となるデザインの文房具を発信しようと改革真っ最中です。

公式HP : 株式会社山櫻

トンボ鉛筆


創立100年を越える歴史ある文具メーカー。事業分野は「書く・消す・貼る」へ拡大しており、ブランディングが優れた会社としても評価されています。

人気商品はMONO消しゴム、PiTのりなど。

プラスチック消しゴム「MONO」を最初に使った時にあまりにもよく消えて子ども心に驚いた記憶は今もハッキリ覚えていますね。

公式HP : 株式会社トンボ鉛筆

呉竹


こちらも創立100年越えの老舗企業。主力商品は筆ペン・クラフト製品、そしてアート。

人気商品は書道関連商品とくれ竹筆ぺん。

最近ではスクラップブッキング、産業用途製品や化粧品に進出するなど新たな分野も開拓中。

公式HP : 株式会社呉竹

MOLESKINE

イタリアのモレスキン社が販売する手帳のブランド。

人気商品はデイリーダイアリー、クラシックノートブックなど。

日本では株式会社エムディーエスが総輸入販売店となっており、ネット通販サイトでも各国業者により展開されています。

公式HP : モレスキン

今後も随時更新予定。
更新次第、記事トップで報告していきます。

Ads by Google

ホワイトデー2017に文房具はいかが?社会人編は実用性とこだわりを

世の中の移ろいは早い。

昨日まであんなに盛り上がっていたヴァレンタインデーだったのに終わった次の日からもうその視線は次の商魂へ向かっているのです。

その商魂とは…
そうです。“ホワイトデー”に他なりません。

昔はホワイトデーと言えば”あめ”か”マシュマロ”ぐらいの選択肢しか有りませんでしたが今は食べものだけではなく、電化製品やアパレル用品などその対象はかなり幅広くなってきています。

もちろん、鉄板はお菓子系であることは間違いありませんが毎年同じようなものじゃ面白くない。

そんな方にオススメしたい。
2017年は文房具でお返しをしてみてはいかがでしょうか。

Ads by Google

2017年ホワイトデーのお返しで使いたい厳選文房具たち

お返しというと気になるのが予算。

1番いいのはもらったチョコに見合う金額を返すことだと思いますが、その他大勢でもらったチョコだと数も多くなるので一つずつに高い予算をかけることが、どうしてもできません。

そんな時は300円〜500円くらいの手頃な価格のものをチョイスするのがベストなんではないでしょか。

と、いうことで価格も考慮しつつ「オフィスで使えそう」をテーマにお返しに使えそうな文房具を選んでみました。

7カラー フィルムふせん・極細(ダイソー)

価格:108円(税込)

まずは100均界の巨匠・ダイソーさんから発売されている7カラー フィルムふせん(極細)をご紹介。

素材がフィルムだから紙と違い丈夫にできており、粘着力も強力。そして何よりカラー展開が7色あるのが可愛らしい。

更にこの付箋のすごいところは可愛いだじゃないなく、貼った付箋が透けるからマーカーのように使えるところが最大の魅力。汚したくない資料でメモしたい時なんかに重宝しそう。

ホワイトボードノート(ダイソー)

価格:108円(税込)

こちらもダイソーさんから発売されている商品。お返しに渡すとちょっとパロディ的な感じになってしまうかもしれませんが100円でありながら実用性は抜群。

A6サイズで縦罫線・横罫線が各3ページ、合計6ページの仕様となっています。

面白いのが裏表紙をスタンドにして立てると小型の伝言板になるところ。自分のメモとして使うもよし、相手に何か伝えたい時に使うもよし。どちらのパターンでも使えるところが魅力的です。

デルガード タイプER(ゼブラ)


価格:625円(税込)

今回紹介する価格帯からはやや高くなってしまいますが、できる社会人にはきっと重宝してもらえるシャープペンシル。

「デルガード」の最新式の特徴は消しゴム。

シャーペンを逆さにするとノック部分から消しゴムが飛び出てきて、そのまま使うことができる優れもの。

集中している時は「消す」という作業も億劫なもの。従来の消しゴム部分に被せるキャップをなくし、スピーディかつ効率を追求したデザインが◎。

関連記事 : 折れないシャーペンシルは何キロまで耐えられる?検証した結果

Ads by Google

メモクリップ(印刷加工連)


価格:480円(税込)

会社で仕事をしていると資料をまとめて束ねなければならない機会も多くあるのではないでしょうか。

とりわけ、まだ紙媒体で仕事をしている職場の方に使って頂きたいのが印刷加工連から発売されているメモクリップ。

チップボール紙などでできた紙クリップ。

紙でできているのでクリップ自体にメモをすることも可能。丈夫なので多くの紙を束ねられるし、不要になればそのまま捨てることも可能。

まぁ、今のご時世、書類をシュレッダーなしで捨てることはあまりないかもしれませんが…

マカロニクリップ(パレット)


価格:357円(税込)

名前の通りマカロニの形が特徴的なクリップ。

カラーバリエーションが豊富で見た目も可愛いうえに紙を30枚まで束ねられる実用性を兼ね揃えた一品。

ポリアセタールという素材でできており、束ねる力が弱くなってきたら1日以上放置しておいたら結束力も復元します。

APYミニクリップ(KONCENT)


価格:540円(税込)

ステンレスの一枚板から作られたため、継ぎ目がないクリップ。

なにかMacBook Airのようなこだわりを感じてしまう代物。できる女子が使っていたらますます「できる感」が増幅されるであろうクリップ。

これ自身でも自立するので、写真やメモを挟んで立てておくという2WAY的な使い方も可能。

XS テープのり(ミドリ)


価格:291円

サイズ表記に用いられるExtra Small(エクストラ スモール)=「XS」をシリーズ名の由来とし、その名の通り世界最小クラスのステーショナリーシリーズの商品の一つ。

小さいながら機能面・使用面にもこだわっておりスティクノリ派にあえてこの極小テープノリをすすめてみてはいかがでしょうか。

テープ自体もキレの良いドットタイプ。

持ち運びや保管にも便利なため、重宝すること間違いなし。色も選べる黒・白・ピンク・青の4色展開。

まとめ

価格と実用性、そしてカラー展開も意識して選別してみました。

やはり仕事はスピードと正確性が命。

本来、助けるためのステーショナリーも無計画に購入すれば逆に仕事を邪魔するものになる危険も。

お返しだけではありませんが、何事も相手の立場に立って考えることが大切です。

Ads by Google

万年筆の基本用語集!ペン先・インク・お手入れ方法など基礎を知る

“万年筆”と聞いて持つ印象ってどんなものが多いでしょうか。

筆者が最初抱いたのは「高い・お手入れ大変そう・よくわからん」

というこの3つ。

…いやいや、隠さないで下さいよ!
いいんですよ、いいんです。旅の恥はかき捨てって言うじゃないですか。ここではわからないことはわからないって言っていいんです。遠慮は入りません。

事実、多くの人が「わからないことがよくわからない」というレベルですから、ここで基礎から学んで一緒に万年筆ライフを楽しんでいこうじゃないですか。

Ads by Google

万年筆基本用語集

まずは基本的な用語を抑えましょう。

何事も基本が大切。基本が分かればちょっと難しいことが飛んできても様々角度から応用していくことができますからね。

ペン先


インクが出てくる先端の部分を「ペン先」といいます。もう少し詳しく言うとペン先の中でも更に先端の部分を「ペンポイント」と言います。

ペン先は主に“スチール”と”金”の2種類があります。

万年筆の価格が上がるとペン先がスチールから金へとグレードアップします。スチールに比べ、金の方が柔らかく滑らかな書き心地を実現することができます。

初心者から上級者に上がる方はペン先が金の1万円以上のものを選びたいですね。

インクと入れ方


これまでは「黒か青」が主流でしたが”プレラ色彩逢い”の登場で万年筆のインクカラーもバリエーションに富んだモノへと変貌を遂げました。

様々ばインクの登場でインクを交換する機会も多くなるであろうことが考えられるのでインクの入れ方についても理解を深めておくと便利です。

■インクの入れ方
・カートリッジ式
→ 使い捨てのカートリッジを差し込むだけ
・吸入式
→ ボトルに万年筆ごと入れてペンのお尻にある栓を回してインクを入れていく方式
・コンバーター式
→ コンバーターと呼ばれる吸入機を入れてインクを入れる方式

上記が主にインクを入れるための方法になりますが、最近ではカートリッジ式インバータ式の両方が使える「両用式」が一般的になってきています。

字幅


極細・細・中字といった字幅にもこだわることが万年筆を使いこなす上で重要な要素となってきます。

1つのモデルで複数の字幅が作られることが特に入門者用には多いので試し書きをしてから商品を選ぶのがオススメ。

また筆圧と字幅の組み合わせで書き心地も変わってくるので意外と侮れないのがこの項目。

Ads by Google

万年筆のケア方法は?

万年筆のここが普通の筆記用具とは最も違う点と言っても過言ではないでしょう”日々のケア”

万年筆は日々ケアしてあげないと使えなくなってしまうデリケートなもの。簡単なケア方法を理解して長く、そして上手に使えるようにしておきましょう。

定期的に書く作業を行う

万年筆で最も簡単かつ重要になるケア方法が「常に書く」という作業です。

万年筆で使用するインクは暫く使わずに放置しておくとインクの水分が蒸発して固まってしまいます。

そうならない為にもまずは、常に書くという作業が必須になる筆記用具です。

インクの定期的な洗浄を

万年筆は以下の時はインク洗浄することがオススメされています。

1. 長期間、使用予定がない時
2. インクを交換する時

1.では万年筆内のインクの水分が蒸発して固まってしまう為、長期間の使用がない時はインク洗浄を行いましょう。

2.こちらも1.と同じ理由で定期的な洗浄がなければ詰まる原因となりますのでインク交換時には洗浄するようにしていきましょう。

★補足 : インクの洗浄方法は?

・カートリッジ式
→ 水にペン先をつけておいてから水道で洗う
・コンバーター式
→ コップなど水を張ったものにペン先を入れ、色が出なくなるまで水の出し入れを繰り返す。

水洗い後は布で水滴をキレイに拭き取り、完全に乾くまで置いておくのがベスト!

ペン先は上を向けて持ち運ぶ

長年、ノック式のボールペンを愛用していた方が陥入りそうなミスですね。

万年筆はデリケートな筆記用具になるのでペン先を長時間下にしているとインクが出てくることがあります。

ペン先を下にしていたらインクが飛び出しカバンや書類を汚しかねませんので、ペン先は常に上にしておくことが大切です。

また、気圧の変化でもインクが飛び出る可能性がありますので飛行機に乗る際はなるべくインクを空にしておくことがオススメです。

基本用語とケア方法を抑えたら…

万年筆の奥深さを感じつつ、基本用語とケア方法を抑えたら次に欲しくなるのは「本物の万年筆」なのではないでしょうか。

まずは簡単なものからと考えている方には1000円以内で購入できる初心者用万年筆がオススメ。

関連記事 : 1000円代で万年筆が買える!?初心者にオススメ万年筆4選” >関連記事 : 1000円代で万年筆が買える!?初心者にオススメ万年筆4選

すでに初心者用を購入されている方なら、ワンランク上の3000円代に挑戦するのも面白いところ。

大切なのは自分の実力にあった万年筆を使うことなんじゃないでしょうか。

Ads by Google

万年筆・初心者用1000円代オススメ商品4選!2017年の注目は?

万年筆なんて普段、使う機会なんてあるんだろうか…と若かりし頃は思っていましたが、年齢を重ねることにその素晴らしさが身にしみてきます。

とは言え、万年筆と言えば“ウン万円”もするような高いものばかりという印象で取っつきにくい印象でしたが時代は大きく変わりました。

今や1000円で本格的に万年筆が利用でき、もっと言えばボールペン感覚で値段も書き心地も楽しめる万年筆も登場しています。

初心者に是非、使って欲しいオススメ商品と簡単な特徴。まとめてみました。

Ads by Google

1000円までで購入できる万年筆をまとめてみました。

まず初心者にこだわって欲しいのは「書き心地」

ボールペンとは違い、無意識に書くとキレイに字が書けないこともありますので書き心地が重要。

と、いうことは購入前に必ず“商品を試してみてから購入する”という流れを守って欲しいということ。

己の直感を信じて購入…すると痛い目にあっちゃいますからね。それではオススメ商品、紹介させて頂きます。

プレピー(プラチナ万年筆)


税込価格 : 216円

入門用万年筆としては圧倒的な安さを誇るプラチナ万年筆の「プレピー」

見た目こそ廉価なボールペンとあまり変わりませんが超気軽に楽しめる万年筆としては十分。書き味も悪くないので入門者にオススメの一品。

太さは極細・細・中字の3種類展開となっています。

プレジール(プラチナ万年筆)


税込価格 : 1080円

高価格からお手頃価格までを展開するプラチナ万年筆。さすが、この価格帯でもしっかりとした品揃えで消費者のニーズに応えてくれます。

スリップシール機構というプラチナ独自の仕組みでインクが1年間乾かないという優れもの。

外観も重厚感があり、ペン先がしなりやすく滑らかにかける秀逸な一品。

Ads by Google

クリアキャンディー(セーラー)


税込価格 : 1050円

見た目がかなり愛らしい姿をした入門編の万年筆。

女性を意識したのか万年筆は少し細くできていて、もうちょっと太くてもいいと思う方もいるかもしれません。

ただ、書き味も割とスムーズなのでおしゃれかつ書き味も追求したいという方にはオススメな商品。

カクノ(パイロットコーポレーション)


税込価格 : 1080円

発売当初、各所で大絶賛されたのがパイロットコーポレーションの「カクノ」

1080円でありながら圧倒的な書き心地を実現した「カクノ」に高級万年筆が危機感を覚えるほどの品。

子どもが持っても自然と正しく持てるような形状のグリップを搭載。この配慮が子どもから大人・初心者でも万年筆を楽しという需要を喚起し市場拡大に寄与したと言えるのではないでしょうか。

まとめ

どれも価格・書き心地ともに入門編として入っていきやすい商品ばかり。

なんとなく感じているかと思いますが、万年筆は追求すればかなり奥の深い商品となっています。

最初の基礎の基礎でこけるとずっと悪い印象も残ってしまいますので、用語も含め万年筆の基本を学びたい方は以下の記事も参考にしてみて下さい。

関連記事 : これだけは抑えたい!万年筆「超」基本用語とお手入れ方法

Ads by Google

スマホで暗記の使い方紹介・手帳編!ノートは専用品以外は使えない?

もはやスマホを使った「アナログ×デジタル」の相乗効果は倍々ゲームのごとく上昇中です。

Pentel株式会社から発売されている「スマホで暗記シリーズ」はまさにこの“アナログ×デジタル“の良さを最大限に活かしてくれる商品と言っても過言ではないのではないでしょうか。

特に今回のノート編では暗記ものは“単語帳派”という方にうってつけの商品となっているのです。

関連記事 : “マーカー派”のあなたには「スマホで暗記シリーズ・AnkiSnap」がオススメ!

Ads by Google

単語帳の不便さをスマホで解消する効率と使い勝手

特に受験生は”単語帳”を使って記憶しておかなければならない項目を効率かつ効果的に覚えていくようにしている方も多いと思うんです。

英語・社会・国語…もう何にだって使えるからこそ多くの人が使い、そして世の中に浸透していった訳なのです。

ただ、ただですよ。
めちゃくちゃに勉強しやすいからこそ、どんどん使うし、その分新しい単語帳も増えてくる。そうなるとみんなに共通して出てくる悩みがあります。

そうです。
持ち運びの不便さ、そして何よりかさばるという問題点。

紙っていいところはいいんですけど、やっぱりデメリットもあります。

⚪︎紙のメリット
・ 一度に確認できる情報量が多い
・ 目に優しい

⚪︎紙のデメリット
・ 大きくなるとかさばる
・ 枚数が増えた時の重さが半端じゃない

などなど、他にもあるとは思いますが“紙”にはとりわけ持ち運びという観点から見ると実はデメリットも多いんです。

そんな紙が持つデメリットを打破してくれるもの。それが”デジタル”という訳なのです。

スマホで暗記・ノート編「スマ単」


それでは紙媒体のデメリットを打破してくれるスマホで暗記シリーズのノート版「スマ単」を紹介したいと思います。

“スマ単”とは一体、どんな商品なのでしょうか。

スマ単ってどんな商品?使い方と併せて紹介

それでは”スマ単”の使い方を確認していきなしょう。

1. 専用のノートを購入
2. 覚えたい単語やワードを記入
3. 専用のアプリで撮影
4. マスキングが完了
5. 取り込んだ単語やワードが単語帳のように使えるようになる。

か、簡単だ。
非常に簡単にアプリに取り込むことができるじゃないですか。

これでアプリを自分仕様の単語帳にカスタマイズしていくことができるのですが…”スマ単”の凄さはこれだけではないのです。

このアプリの真骨頂は取り込んだ単語をアプリで効率よく学習できるというところなのです。

Ads by Google

取り込んだ単語を効率よく学ぶ

アプリに取り込んだ単語はタップすれば答えが表示されるという単語帳方式で学んでいくのですが、これがなかなかの優れもの。

まずは通常通り、一つずつ単語を勉強していき正解したものは上に、不正解だったものは下にスワイプしていき自分のわかるもの・わからないものを把握します。

ここからが真骨頂。
組み込まれている3つの機能を使い更に勉強を効率化していきます。

・絞り込み機能
→ 間違えたカードだけ表示が可能
・グラフ機能
→ グラフで自分の苦手箇所が把握できる
・ 逆引き機能
→ 質問・答えを反対にして表示もできる

まさに勉強する側の立場に立った、痒い所に手が届くという非常に考えられた内容になっていると言えるのです。

もっと詳細な内容は動画がありましたのでそちらの方でも確認してみて下さい。

少しでも興味があれば、これを使わない手はないでしょう。

スマ単は専用のノート以外でも使用できるのか?

これは気になるところですよね。

いや、もちろん買えないわけじゃないんですよ。専用ノート。でも極力、価格を抑えたいというのは言わば人間の性みたいなものなので、どうしても安いもので代替えできないのかと考えてしまいます。

では実際のところどうなのでしょうか。

これを知るには”スマ単アプリ”が単語帳となる元データをどのようにして取り込んでいるかで理解することが重要です。

そしてそのヒントはここにありました。

ノートの四隅にある特殊なマークを検知してそこからデータ取り組んでいるのです。

できなくはないと思うんです。四隅にあるマークをコピーして、それを切り貼りして量産して安いノートに貼り付ける。

こうすれば正規品よりも安く”スマ単”を作れるの可能性は限りなく高まりますが…

買おう!
もう専用の手帳、買おうよ!

大丈夫。そんなに向上心を持って勉強している人なら専用ノート代なんて直ぐにビックになって簡単にペイできるに違いないから!

だから”スマ単”する時はみんな専用ノート買って勉学に励もうぜ!大丈夫。必ずあなたは偉大になる。

以上が「スマホで暗記」スマ単編でした。

Ads by Google