飼い主である人が食べても何の問題もないものでも、愛すべき犬が食べると大変なことになってしまう食品は少なくありません。

その代表格として知られるのが「チョコレート」

人にとっては大人から子供まで老若男女問わず好きな方が多いものですから、家に常備しているなんて家庭も少なくないのでは!?

身近だからこそ、危険を引き起こす可能性も高いチョコレートがなぜあぶないのか?また、誤って愛犬が食べってしまった時にどうすればいいのか?まとめてみました。

Ads by Google

なぜ危険なのか?

まず知っておきたいのは、チョコレートがなぜ危険なのかということ。その理由はチョコレートの中に含まれる成分にあります。

チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという物質を分解できず、嘔吐(おうと)や下痢(げり)の原因となり、最悪の場合は命を落とすこともあります。

引用:犬にとって危険な毒物/子犬のへや

犬に比べると人間の内臓の方が頑丈にできていて、食品に含まれる成分の中には分解できないものが多く含まれている為、危険をもたらします。

他にもキシリトールも食べると危険な食品になります。キシリトールに関する対処法もまとめていますので、気になる方はこちらも確認してみてくださいね。
キシリトールガムを食べて出る症状や病院へ行く判断基準

食べた後の症状

食べたあとは徐々にですが、状態が変化し、最終的には痙攣などを起こすことになります。

初期症状として多尿と下痢と排泄物に異常がみられます。また嘔吐や興奮・うつなど精神状態が不安定になることも。
更に中毒が進むと、筋肉けいれんを起こし、呼吸困難、不整脈が起こり、最終的には痙攣、麻痺し死に至ることがあります。

引用:犬がチョコレートを食べてしまった!中毒症状、対処法【まとめ】/犬の医療を考える.com

どんなことでも言えることですが、自身の持つ少しだけの知識で判断すると取り返しのつかないことになります。異常に気がついた時は、自分で判断せず必ず病院いくようにして下さい。

応急処置でするべき事

もし、チョコレートを誤飲してしまった場合は慌てず、応急処置をしてある程度落ち着いたら病院に行くようにしましょう。

するべき応急処置はチョコレートを吐かせること。

チョコレートに含まれるテオブロミンは消化が悪く少量でも体に何らかの影響を及ぼす可能性があります。

時間が経てば落ち着くのでは…と思われる方もいますが消化が悪い分、時間が経てば消化していなかった分まで消化してしまいより症状が悪化してしまうことも考えられます。

誤飲したことを確認しているのであれば、吐かせる対応を早い段階で取ることをオススメします。

Ads by Google

吐かせ方まとめ

応急処置として吐かせようと言われても、そんな簡単にできるのか?と疑問に思われるかもしれませんが、知っていれば誰にでもできることばかりです。

臆することなく挑戦してみるようにして下さい。

塩を直接飲ませる

吐かせる為の代表的なものとして使われるのは塩を直接犬の口に入れ、飲ませることで吐かせる方法です。

飲ませる塩の目安は体重4〜5kgにあたりティースプーン1杯。

つまり約10kgの犬であればティースプーン2杯。
約15kgであればティースプーン3杯といった感じです。

※注意点※
あくまで塩を直接、犬に飲ませることで効果が出ます。塩を飲ませる際は水で薄めないようにして下さい。ただ、塩を飲ませ過ぎも厳禁。食塩中毒かかってしまう可能性があります。

オキシドールを飲ませる

オキシドールを食塩水や水で薄めて飲ませることで吐かせる方法もあります。

ただ、普通のご家庭ではオキシドールを常備していることが少ないと思いますが犬を飼う身としては普段から誤飲の可能性も意識しておく必要があるのではないでしょうか。

私たち人間には一家に一つ、救急箱があるように、犬を飼うご家庭では犬用の救急箱を一つ用意しておく。こういった事前準備を怠らないことがいざという時の差にもなりかねません。

少しでも愛犬のことが心配になった方は、犬用の救急箱を準備しオキシドールを入れておくことをオススメします。

Ads by Google