2016年を通じて話題になる投手として期待できるからこそ、ここで紹介して今後の活躍に注目してもらいたいと思います。

岡山・創志学園高等学校3年生のエースは速球150kmを誇り縦・横のスライダーを武器にしている本格派。今後の成長次第ではドラフト上位指名も十分見据えられる投手です。

そんな高田投手のプロフィールなどをまとめてみましたので、チェックして下さい。

高田萌生のプロフィールまとめ

まず最初に気になるのは高田投手の基本的な情報が気になると思いますので最初にご紹介したいと思います。

名前の読み方・身長・体重など基本情報

名前 : 高田萌生(タカダ ホウセイ)
生年月日 : 1998年7月4日
血液型 : A型
身長 : 178cm
体重 : 73キロ
握力 : 右45 左40
足のサイズ : 28cm
50m : 5秒9

意外な感じですが高田投手、足が速い。俊足と呼ばれる野手で50m5秒6、7なのでそのクラスの選手たちと大差がないということは日々の訓練でしっかりと脚力が鍛えられているということがわかります。

Ads by Google

出身中学は高知。高校は岡山で

⚫︎高山萌生投手の出身校一覧

出身小学校 : 岡山新見市立西方小学校
出身中学校 : 明徳義塾中学校
出身高校 : 創志学園

高田投手が野球と出会ったのは小学校3年生の時。

岡山新見市立西方小学校で野球ではなくソフトボールを知るところから高田投手の野球人生は始まりました。

高田投手はソフトボールを6年生まで続け、中学校から本格的に野球の道へとシフトしていくのです。

中学校は明徳義塾中学校。

軟式野球の投手として野球留学を経験。ここで頭角を現し四国大会ベスト4まで進出を果たします。

当然ながらこのまま高校も高知の名門・明徳義塾に進むのかと思いましたが、生まれ育った岡山県で甲子園出場したいという思いから岡山県に戻り現在の創志学園に入学を決めるのです。

創志学園では2年からエースを任され、その年の夏には岡山大会決勝まで進出。

最後は岡山学芸館高校に惜しくも敗れ甲子園は逃したものの、あと一歩というところまでこぎつける実力は本物です。

Ads by Google

新チームの対戦成績一覧

最後にこれまでのチーム成績を一覧にしてみました。

こうやって見るとやはり、常勝というにはまだ少し物足りないところがあるように感じます。

失点を抑えている試合もありますが、3点以上取られて辛くも勝利したという試合も多々あるようにも見られます。

しかし今大会の注目選手であり、今後のドラフトの目玉であることに違いはありません。

この冬のトレーニングで高田投手がどのように鍛え上げられたかにより、これまでのスコアとは見違える結果が見られる可能性は秘めています。

■秋季岡山県大会

回戦 対戦高校 スコア
1回戦 岡山県共生 7-0
準々決勝 おかやま山陽 3-2
準決勝 倉敷工 0-2
3位決定戦 興譲館 6-4

■秋季中国地区大会

回戦 対戦高校 スコア
1回戦 宇部商業 6-4
準々決勝 金光学園 6-1
準決勝 開星 5-0
決勝 南陽工 12-1

■第46回明治神宮大会

回戦 対戦高校 スコア
2回戦 敦賀気比 1-5

まとめ

今や大谷選手、藤浪投手など身長190cmを超えるピッチャーなど長身ピッチャーは主流となりつつありますが、最近のピッチャーでは珍しく180cmを切るのが高田萌生投手です。似ていると呼ばれる松坂投手ですら182cmの身長があるくらいです。

身長178cmと決して高いとは言えない高さですが、体は確実に使えており身体能力も高いことから身長の低さを補って余りあるものと言えるでしょう。

また投手として期待されながらも大きな失点を重ねたり、敗戦も経験してきています。

しかしその分、自分のいい時も悪い時も知っているというメリットがあると思いますので、そこを活かして春夏連覇の偉業を成し遂げられるような投手に成長していって欲しいと思います。

Ads by Google