IKEAが日本にも出店攻勢を仕掛け始めたのはいつからのことだったでしょうか?

自分の体感的な部分だと2013年に各報道でIKEAが出店するという話題を聞く回数が増えたように感じています。

ただ、この感覚は間違っていなかったようでIKEAが2013年に東京都立川市と仙台市、そして群馬県前橋市に大型店舗の出店を発表しています。

恐るべし出店攻勢。日本にもニトリという家具業界の巨人がどんどん新規店舗をオープンしているのに、それでもIKEAが出店できる余力があるのだと考えると日本の消費マインドもまだまだ捨てたもんじゃないのかな。なんて思わせてくれます。

ちなみに上で記載した店舗で「群馬県前橋市」以外はすでにオープンにこぎつけているのですが…

なぜ群馬県前橋市だけがオープンしていない?理由があるのか?理由があるとしたら一体、いつオープンするんだ?

何だかハテナだらけになって気になるから調べてみることにしたのです。

Ads by Google

オープン予定の場所は?

2013年当時、ニュースに取り上げられニュースでは「北関東自動車道の前橋南インターチェンジの近く」の土地を購入したと発表されていました。

この場所はすでに地元の方には「パワーモール前橋みなみ」のCOSTCO前橋倉庫店周辺にIKEAの店舗ができるという予想が大勢を締めています。

こんな予想図まで作り上げられてるくらいですから。地元の関心の高さも十分に伺えますね。

すでに土地は造成されているそうなのですが、中止になることも十分に考えられます。

そうなるとIKEAが店舗を建てたいという形で土地を形作っているわけですから他の企業が仮に買い取ったとしてもそのまま使えるとは限りませんので、IKEAにとっては大きな赤字になります。

発表後、長期間オープンの話が出て来ない店舗は意外に多い!?

IKEAくらい大きな企業になればマーケティングもバッチリ行って、オープンするのに必要な認可や関係各所からの同意などあらかたまとまった段階で新規オープンの発表をしそうな気がしないですか?

自分の勝手なイメージですが発表するということは、そういうことだと思っていたのでなかなか本格的な工事を着工しないのが不思議でなりません。

しかもIKEAの場合、土地を購入してから止まっている店舗が意外に多い。

現在、話題に出している群馬県前橋市はもちろん、愛知県長久手市、広島県広島市…

頼むよ!みんな心待ちにしてるんだぜ!!

一応、ここで皆さんの声を代弁しておきます。

まさか中止になったのでは…という不安は収まりませんが大丈夫。着工すればすぐできているそうなのです。

Ads by Google

オープンの時期はいつなのか?

2014年以降に完成したIKEAの店舗は以下の3店舗になるのですが、外から中に攻めていく戦略なのか本州の中心部はのオープンがありません。

■2014年以降IKEAがオープンしたエリア

現在、上がっている候補でいうと北関東で初出店という話題性を売りにしてぜひ群馬県前橋市を優先して!と思いますが他のエリアにもやはり強みがあります。

まず愛知県長久手。
こちらは愛知県という日本3大都市に数えられる街ですから売上が大きく欲しいとなれば、先に愛知県長久手市を着工する公算が大きいような気がします。

広島県広島市も捨てがたい。
なぜなら出店予定地として購入している場所が駅前という好立地。中国地方に中でも最も栄えているエリアであり、しかも好立地。ここを先に作っておきたいという気持ちのあるのでは…

■広島県 出店予定地

仮に長久手、広島の候補地に勝てたのなら2016年に本格的な工事がスタート。2017年終わり頃オープンが打倒なのではないでしょうか。ただこの2つに負けたとなったら最悪の場合、東京オリンピックの開催にすら間に合わないかもしれません。

あとがき : これは延期なのか?

最後に延期になったのではという意見について考えたいと思いますが、これまでの内容から延期ではなく単純に優先順位が低い。後回しにされてるような気がします。

なぜ後回しにされているかはわかりませんが、やはり他のエリアの方が需要が高かったと考えざるを得ないでしょう。

ただ発表されてからかなりの時間が経っていること、またIKEAはエリア住民からかなり期待されていますので自治体からまだオープンしないのか?なんて催促がIKEA側に送られている可能性は十分に考えられます。

個人的にはどこを先にオープンするというより、もうすべてまとめてオープンして下さい。お願いします。というのが率直な思いになります。

正確なオープン日はまだ発表されていませんので、地域住民の不安は募るばかり…

今、我々が気になっていることはただ一つ。

中止だけは勘弁して下さい。

以上です。

Ads by Google