今や交流戦の恒例行事となった感のあるロッテの「挑発ポスター」

戦いは球場内だけではなく、ポスターを通じて球場の外でも熱いバトルが繰り広げられているのです。

2013年に5年ぶりに復活してから今年で4年目のロッテの挑発ポスター。

歴代の挑発ポスターも確認しながら、2016年のポスターがどうなっていくのか考えてみましょう!

Ads by Google

2016年も開幕から煽ってる!?

3月末から開幕を迎えた2016年のプロ野球ですが、今年のロッテはやってくれそうな感じをありありと感じさせてくれる開幕ポスター。

⚫︎ロッテ 2016年開幕ポスター

「翔破」という言葉を使って日本ハムの大谷翔平投手を煽っているのでは!?というのは考えすぎでした。

「翔破」とは造語でもなんでもなく、しっかり日本語として登録のある言葉。意味は「鳥や航空機などが、長い距離(全行程)を飛びきること」

2015年の9月のポスターでも使用され、今年の開幕ポスターに入れ込むだけあってロッテ球団にとっては大切な「言葉」であるのではないかと感じています。

2013年ロッテ挑発ポスター

まだまだ記憶に新しい2013年の挑発ポスター。新たな歴史が始まったのがまさにこの年だったと認識しています。

こちらがその時のポスターの一覧。

一つずつ、その内容を振り返ってみましょう。

発動。イトノミクス

安倍首相が「3本の矢」として打ち出した経済政策が功を奏し、日本の経済が好転したことで世の中が「アベノミクス」で盛り上がっていた年。

ロッテはこの言葉にちゃっかり乗っかったということになります。

・3本の矢 → 交流戦
・アベノミクス → イトノミクス(多くの勝ち星)

後ろのコピー「交流戦で、千葉に勝利と活力を」からのつながりを考えるとこんな感じになるのではないでしょうか。

今年こそ、1イニング打者3巡狙います

カープファンからしてみると、屈辱的なキャッチコピーだったのではないでしょうか。

遡るのは2009年の交流戦。

ロッテが1イニング打者20人、15打点、15得点の猛攻を演じたのです。14連続得点、10打数連続ヒットも記録し、この試合でプロ野球タイ記録を作り出したのです。(全て当時の記録)

これを再来させようと狙ったキャッチコピー。

もし、自分がカープファンだったら夜も眠れないくらいイライラすると思います。

虎狩りには、大地がツヨシ

大地は現在、チームでキャプテンを務める鈴木大地選手、ツヨシはロッテで育ち阪神に移籍した西岡剛を表現したキャッチコピー。

2010年までロッテで活躍した功労者を、当時売り出し中だった鈴木大地を使って思いっきりおちょくっているという内容。

ちなみに西岡はこれを見て「もっとおちょくってくれれば良かったのに」と胃に返さない様子が強がってる感じを受けたのは自分だけでしょうか。

幕張名物センターフライ大増量フェア実施中!

ファンであればこれもかなりイライラを刺激するキャッチコピー。

2011年6月15日の巨人戦で、岡田幸文が超ファインプレー三連発で巨人ファンを絶望の淵に叩き落としたところから引っ張ってきたもの。

それに加えて、ファストフード店「ロッテリア」の大増量メニューのキャンペーンも掛け合わせていたんだとかとか。

このキャッチコピーもよく考えられていますね。

ヤクルトは一気飲みが断然うまい!

これに関しては特にひねっていないコピー。読んでそのまま理解してもらうのが一番しっくりくると思います。

一気に飲む = 簡単に倒せる

これ位の感覚ですという表現のように感じます。

強風のためブランコ乗りは禁止します。

子供に「強風の時にブランコに乗るのは危険だよ」諭すような印象のコピーですがこれも当時、すごい勢いでホームランを量産し、絶好調だったDeNAのブランコ選手とかけたもの。

千葉マリンスタジアムの強風は強い時は風速10mを越えるときがあります。そんなに風が強かったら絶好調のブランコ選手を後押しするだけだから試合で起用しないでくれ!というメッセージに聞こえます。

…いやいや、めっちゃ弱気やん!

とツッコミたくなりますが、時には相手に媚びてみる。これも挑発ポスターの面白いところではないでしょうか。

眠った竜におびえルナ!

2013年の交流戦が始まった当時、中日が最下位だったことから「眠った竜」と表現して挑発しています。

新外国人だったルナ選手だけが好調を維持していましたが、そんなルナ選手も眠った竜の1選手。気にすることなんてない!

というメッセージを感じずにはいられません。

2014年 ロッテ挑発ポスター


復活してからの第二弾。
この年はロッテのマスコット「マーくん」を全面に押し出した煽りを実施。

あのマーくんが!?というインパクトも大きく2014年の挑発ポスターから本格的に注目されてきた印象があります。

2015年 ロッテ挑発ポスター


復活してからの第三弾。
ここで遂にユーモア爆発!

プロレスをモチーフにして、ロッテ側のレスラーが相手レスラーに様々な技をかけている様が話題になったのを覚えています。

Ads by Google

2016年 ロッテ挑発ポスターは?

2016年の交流戦が始まる5月31日、遂にロッテの挑発ポスターの全貌が明らかになりなした。

今年の主役はロボット「マジワラン」

いやいや、交流戦ですから交じって下さい。っとツッコミたくなりますが「マジワラン」はガンダムを意識したとあってかなりイケてます。

交流戦共通のポスターがこちら。

間違いなくカッコいいですね。

続いて、こちらがセリーグ球団を挑発したポスター全種類。

ガンダムを意識したとあってかなぜか、あの名シーンたちとかぶるような気もしますがキッチリ煽ってるのがやっぱりいい!

2016年はロッテが交流戦を勝ち取るそんな気がしますね。

まとめ

今や恒例化した言っても過言ではないロッテの挑発ポスター。

選手たちが球場内で熱い真剣勝負を見せてくれるのが、もちろん一番ファンとしてはありがたいところになります。

ただ球場の外でもこう言った面白い企画が実施されることによって、今まで興味が無かった方やちょっと野球から離れてしまった人たちにも再度、興味を持ってもらえるような機会になればいいなと1ファンとして感じています。

今年もいいね。ロッテさん!

Ads by Google