ウコンの力が飲み会の重要なパートナーであることは日々の経験から実感していたんです。

⚫︎ウコンの力無しで臨んだ飲み会
→ 翌日は体調不良。
⚫︎ウコンの力を飲んで 臨んだ飲み会
→ 翌日はいつも通り。

だいたい、こんな感じで外すことはあまりないのですが稀にウコンの力を飲んだのに次の日に残ってるなんてことないですか?

でも、こんな時って様々な思いが錯綜しないですか。例えば以下のように…

⚫︎酔う・酔わないはウコンの力の影響ではなく個人の気分や体調による部分の方が大きいいんじゃないのか。

⚫︎ウコンの力を飲むタイミングは飲み会の前と後では得られる効果が違うんじゃないか。

⚫︎そもそも、本当に「ウコンの力」に効果はあるのか。

そんな気分にさせられることがあるので調べてみました。ウコンの力の効果や最大限に力を発揮させられる方法を。

Ads by Google

そもそも、ウコンって何?

⚫︎ウコンとは…
ショウガ科ウコン属の多年草

⚫︎主に2種類に分類される
春ウコン … 主に漢方として使用
秋ウコン … 英語名「ターメリック」
主にカレーなどに香辛料として使用される

⚫︎酔いを抑えるのは秋ウコン
ウコンの力に使用されているのは秋ウコン。

秋ウコンに含まれる有効成分の一つにクルクミンに酔いを抑える効果があると言われています。

二日酔い予防で読むタイミングはいつ?

酔いを対策したいという方が気になるポイントの1つが、ウコンの力をいつ飲むのかということではないでしょうか。

結論から言うと「お酒を飲む30分〜1時間前」に飲むのがいいと言われています。

その理由を以下で説明したいと思います。

ウコンの力を30分〜1時間前に飲む理由

⚫︎理由1 : ウコンの有効成分
ウコンには「クルクミン」という有効成分が含まれる植物であると説明しましたが、実はこれが肝臓機能を高めると言われているのです。

⚫︎理由2 : 摂取してからの時間
ウコンは摂取後すぐに効果が現れるのではなく、約30分〜1時間後に効果が出始めると言われています。

効果は通常のおよそ2〜2.5倍の胆汁が分泌されるようになり、これにより消化吸収が高まり、肝臓の解毒作用を高まります。この時悪酔いの元となるアセトアルデヒドを分解する速度が50%も上がります。

ウコンに含まれる「クルクミン」が肝臓機能を高めることにより二日酔い防止に効果を発揮する。という仕組みになっているのです。

Ads by Google

1本で足りる?飲む量はどれくらい?

二日酔い予防に飲むなら「飲酒前」が効果的である理由はわかりましたが、では1回に飲む量は一体どれ位の量が適切なのでしょうか。

この辺りを詳しく話し出すと薬関係の話になりかねないので詳細は他に譲りますが、クルクミンの基本的な摂取量/1日を示しておきましょう。

⚫︎ 1日の摂取量は体重1kgに対して1mg

ウコンの力にはクルクミンが30mg配合されていますので1本でも足りないことはないと思いますが、少し体の大きい方なら2本飲んでも問題はないのかなと考えています。

肝機能障害がある方は注意が必要

肝機能障害の方によるウコン大量摂取は十分に注意をして下さい。

ウコンには鉄分が多量に含まれており、C型慢性肝炎や非アルコール性脂肪性肝炎などを患っている方にはこの鉄分が過剰に蓄積された場合、症状が悪化する事が分かっています。

何事もほどほどが1番です。自分の体と相談しながら適切な量を使用して、楽しく飲むのがいいですよね。

まとめ

最後にこれまでの内容をまとめて締めくくりたいと思います。

【ウコンの力】
⚫︎主な成分 … 秋ウコン、クルクミン

⚫︎飲むタイミングはいつ? … 飲酒前の30分〜1時間前
⚫︎酔いに効果的な理由 … 秋ウコンの有効成分が「クルクミン」が肝臓機能を高めるため
⚫︎1回に飲む量 … 通常は1本。少し体の大きい方は2本程度でも可。

個人的になぜウコンの力が酔いに効くのか、またその理由も知りたかったのでかなり勉強になりましたね。

しっかりとこの知識を活かして、飲み会を楽しく乗り切るためのツールとして今後も上手く付き合っていきたいと感じる今日この頃なのでした。

Ads by Google