50メートル5秒7で走り抜け、遊撃だけではなく二塁も守れる。

それでいて打撃は左右に打ち分ける技術を持つという走攻守が揃ったユーティリティープレイヤーの吉川選手。

今年は投手大豊作と言われていた中で数少ない野手でのドラフト1位選手だけに、その動向が気にならないですか?

※以下に追記あり
背番号などが決定しました!

Ads by Google

吉川尚輝選手の背番号予想

まず最初に気になるのは吉川選手が何番の背番号を背負うかということ。

現在、巨人の背番号で空いてる番号をまとめてみました。

12、13、29、34、40、41、48、55、63、79、83、88、95、99

吉川選手はドラフト1位ということで2017年で最も期待される新人ですから、自ずといい番号が与えられる可能性が高いと言えます。

それではこの中で、どれが一番いい番号なのでしょうか。探っていきましょう。

本人が希望する番号が一番いい

与えられる番号としては以下の可能性が考えられます。

  • 本人が希望した背番号
  • プロ野球界の傾向として期待を込めた背番号

この辺りになるのではないでしょうか。

一番いいのは本人が希望する番号を背負わせてもらえることだと思いますが、現在のところ本人から背番号の希望が出ていないようです。

そのため今回はプロ野球界の傾向に準じて与えられる可能性が高くなるのではないかと考えられます。

プロ野球界の傾向って?

番号が小さければ小さいほど一流の選手がつけている傾向にあります。

巨人であればスタメン野手で確認するとわかりやすいと思います。

6 坂本隼人
7 長野久義
9 亀井善行
10 阿部慎之助

などなど。特に今年は走塁のスペシャリスト鈴木選手が引退した事で数字の小さい番号が空いたこと、吉川選手も俊足ということでこの番号を引き継ぐのではないでしょうか。

その番号は「12 」

このあたりの背番号になるのではないかと予想できるのではないでしょうか 。

※追記
契約金 : 1億円プラス出来高5000万円
年俸 : 1500万円の最高額で仮契約
背番号 : 「0」に決定

関連記事 :
阪神ドラフト1位・大山選手の背番号も検証中!

Ads by Google

吉川尚輝選手の年俸予想

背番号の予想が何となくついたところで次に気になるのは年俸と契約金。

ドラフト1位なので他のどの選手よりも期待値が高い事もありますのでおおよそ限度額いっぱいまでの金額をもらう選手がほとんどです。

吉川選手の予想契約金

新人選手の契約金の最高標準額は「1億円プラス出来高」というのが12球団の申し合わせで決まっています。

近年はほとんどのドラフト1位選手が申し合わせ限度の1億円で契約しており、吉川投手も1億円で契約することが予想されます。

吉川選手の予想年俸

年俸1500万円
新人選手については一軍でいられる年俸を保証するという意味で一軍最低年俸の1500万円を上限に提示されます。

ここでもドラフト1位の選手は高卒か、大卒で変わってくることもありますが期待の意味も込めてほとんどが1500万円支払われます。

吉川選手は大卒になると思われますので1500万円になると考えて間違いないでしょう。

まとめ

ドラフト指名された選手の中でも特に1位の選手には球団もかける期待が高いだけに全てにおいて最高の条件を用意して迎い入れる準備をしています。

更に吉川投手は伝統ある巨人軍のドラフト1位ですからそのプレッシャーも半端なものではないと思いますがそれも期待の裏返し。

是非とも早い段階で契約金や年俸にも劣らない実績を叩き出していって欲しいと思います。

Ads by Google