「こんにちは」「ありがとう」のように顔文字にも様々な種類がありますが、そほとんどが挨拶や感情を表したものになります。

しかし、この度そのどちらでもない「人名」が顔文字になっているということが判明し、あまりに興味深かったので紹介しない手はないと思い今回取り上げてみました。

その顔文字は「たかざわじゅんすけ」

あれ?高校の時の友達にいなかったけ!?という気分にさせられる名前です。

Ads by Google

顔文字たかざわじゅんすけとは

たかざわじゅんすけとは漢字で「高澤淳介」と書きます。漢字になるとますます親近感が湧いてきます。

どんな絵文字かというと、こんな感じ。

右半身を下にして横に寝転んだ状態で右腕と右足は床に面しながら真っ直ぐ伸ばし、 左腕と左足は内側に少し折り畳むように曲げている姿を表しています。

言うなればリラックスしているよ。という雰囲気を出すための顔文字だと思うと使いやすいかもしれません。

たかざわじゅんすけの由来は?

発祥はTwitterや2chと言われていますがこれが本名なのか、はたまたペンネイム的なものなのか、詳細は全くわかっていません。

ただ顔文字から考えて高澤さんはきっと、せかせかした感じではなくゆっく〜りした人、もしくはゆっく〜りしたい人のどちらかだからこそこの顔文字を生み出すことができたのではないでしょうか。

変換されるものと変換されないものの違いは?

PCでは、Microsoft IMEだと変換候補に表示されないが、Google日本語入力で「たかざわじゅんすけ」と入れるとこの顔文字が変換候補に現われることが判明しています。

ここから考えて、高澤淳介さんはマイクロソフトには認められていないけれどグーグルには認められているという事になるのでしょうか。

そうすると、もしかしたら高澤淳介さんはグーグルの社員!?なんて勝手にどんどん想像が膨らんでいってしまいますが一つの可能性として完全に間違っているとまではいかないのではないでしょうか。

Ads by Google

他にどんな種類があるの?

たかざわじゅんすけなる顔文字があるだけでも十分驚きの対象になりますが、なんとこの顔文字には他にも様々なバージョンがあるそうです。

気にならないですか?

…と言われるとっくの前から気になっている方も多いと思いますのでまとめてみました。

たかざわじゅんすけ一覧

こちらがまとまった「たかざわじゅんすけ」になります。

鼻の下がなが〜いものだったり、「た〜か〜の〜つ〜め〜」が何かの呪いのように見えるもの、とどめは「逆たかざわじゅんすけ」なんてものまで出てきており、一つ出てくるとどんどんと新しいものがすぐにできるネット住民たちにはつくづく凄いなと感じさせられます。

変換できない時の対処法は?

こんなに面白そうな顔文字なら一度は自分も使ってみたい!そう思うのがゴクゴク自然な流れだと思います。

と、いうことで「たかざわじゅんすけ」と入力して変換!…変換!…変換!!

で、出ない!!

そうなんです。どうやら今のところiPhoneでの変換には反映されない模様。

現在はPCのGoogle日本語入力が最も確実に出力できるとのこと。

でも、どうしてもスマホで「たかざわじゅんすけ」を出したいという方。あのアプリを使って下さい。

iPhoneで「たかざわじゅんすけ」を出す方法

使って欲しいアプリは「simeji」です。

iOS8から標準以外のキーボードが使用できるようになっていますので、キーボードアプリの定番「simeji」を使ってみて下さい。

実はこの方法を使うことでiPhoneでも「たかざわじゅんすけ」が出てきたことが確認されています!

素晴らしい!

iPhoneでもこんな癒しの顔文字が使えるなんて!

「たかざわじゅんすけ」に少しでも興味がある方は是非とも標準以外のキーボードを使用してみて下さい。

まとめ

標準登録されている顔文字のレパートリーだけでも考えた人はすごいなと十分感じさせて貰えるクオリティになっていますが、上には上がまだまだいるということでしょうか。

寝そべった顔文字「たかざわじゅんすけ」がここまで人の心を掴むとは思っていませんでしたが、調べていくうちになぜか親近感が湧いてしまいました。

誕生して5年以上。次に見かける時にはどのように変化した姿を見せてくれるのか。楽しみで仕方ありません。

Ads by Google