2016年も年の瀬が近づき、年末に向けて巨大イベントが多く実施されるのと同じくらいの頻度で繰り返し取り上げられるのが2016年の出来事を振り返ること。

特に今年は週刊文春のスクープネタが凄まじくて、遂にはそのスクープの破壊力のすごさを表した「文春砲」なる言葉ができたくらいです。

そんな文春砲の餌食となった人物や事件を振り返ってみましょう。

Ads by Google

2016年週刊文春スクープ一覧&まとめ

世間の印象としてはすでにバッタバッタ芸能人やら議員やらを斬りまくってやりきった1年だったなと感じているかもしれませんが…油断は大敵ですよ。

なぜなら、まだ1年は終わっていません。

最後の最後に「文春大砲」が思わぬ形で発射される可能性は十分ありますからまだまだ2016年は週刊文春から目が離せません。

2016年1月-1 文春砲

間違いなく流行語対象が取れるのではないか、それくらい感じさせるほどの社会現象になったあのスクープです。

ベッキー&ゲスの極み乙女・川谷絵音の不倫を文春砲!

「ゲス不倫」なる言葉まで出来上がるなど、もしかしたらこのスクープは後世にまで語り継がれる伝説のスクープになる可能性を秘めているのではないかと感じさせられます。

2016年1月-2の文春砲

甘利・元TPP担当相の賄賂について文春砲!

甘利元大臣と言えばTPP担当として長い間、外交を先頭に立って対応していて、数少ない安定感のある大臣だったのですが…落とし穴は待っていました。

放たれた文春砲で甘利・元大臣は大臣を辞任自体まで発展しました。

また急に白髪になったん印象を多くの方が持っていたようで、白髪も話題になった項目です。

2016年2月の文春砲

イクメン議員のゲス不倫文春砲!

宮崎謙介・元議員が妻の妊娠里帰り中に自宅に女性を招き入れて不倫に走ったことがスクープされました。

宮崎謙介・元議員はこの事件が発覚する少し前に男性議員として初の有給を取ったことでイクメンぶりをアピールしていました。

そんなイクメンのはずの議員が新しく子どもが生まれる奥さんが大変な時期に浮気したことで、また育休を己の好感度アップに利用したことが世の女性の逆鱗触れ、最終的には議員辞職となりました。

2016年3月の文春砲

イケメンコメンテーター「ショーンK」の学歴詐称を文春砲!

この文春砲ははっきり言って度肝を抜かれてしまいました。

あまりにもショーンKさんの学歴が違い過ぎて、笑いを通り過ぎて呆れてしまったからです。

また、ここまで違う学歴になぜ気づかなかったのかというフジテレビにも、起用責任が紛失して問題となったスクープでしたね。

Ads by Google

2016年5月の文春砲

舛添・元東京都知事の公用車の私物化を文春砲!

元都知事が毎週末に温泉地にある別荘に通っていたことで私物化になるのではないかという鋭い指摘を文春が実施。

これをきっかけに東京都の悪いアクが出るは出るはの大騒ぎとなりました。

最終的には監査委員が入り調査を行いましたが「アウトなものもあるけどそうでないものもあるから、なんとも言えない」という曖昧な言葉と共に舛添・元知事が辞職して終了。なんとも元知事の歯切れが悪かった事件でしたね。

2016年10月の文春砲

レコード大賞1億円買収を文春砲!

三代目j soul brothersの2015年のレコード大賞を1億円で買収したというスクープ。

昔から買収はあったのではないかと、裏ではささやかれていましたが1億円の領収書というハッキリとした証拠となるものが出てきたのは今回が初めて。

これによりレコード大賞の買収が行われきたことが確定した瞬間でした。

このままでは2016年はレコード大賞の価値が見出せなくなり最悪の場合、中止ということもあるかもしれません。

最近のHIROの社長辞任は公表されている理由では違いますが実質、このスクープ引責で辞任したと言われています。

2016年12月の文春砲

テレビ朝日・田中萌アナウンサーを文春砲!

朝の情報番組「グッド!モーニング」のMCを務めている田中アナウンサー。

お相手は同局のアナウンサー・加藤泰平氏。

加藤アナウンサーには妻がいることで、年の瀬に初心に帰る「ゲス不倫」をスクープしたのです。

スクープされた直後から田中アナウンサー、加藤アナウンサーは揃って「グッド!モーニング」の出演見合わせ。

HPの出演者欄からも名前が消えており、事実上の降板という結末となったのです。

まとめ

まさにスクープの対象になった方は必ずと言っていいほど役職や仕事を辞任することになっており「文春砲」が改めてすごいことを実感させられました。

ここでは各メディアでもかなり大きく取り上げられた事例だけを上げていますが、細かいものもあげればまだまだたくさんあるほど、素晴らしい取材力を発揮してくれています。

もう2016年も終わるから…なんて油断していたら一撃でやられてしまうので狙われている側の人たちは是非、2016年が終わるその瞬間まで気を引き締めていってくださいね。

Ads by Google