アベノミクスも終焉を迎え、さほど経済の起爆剤がない中で、世間を騒がしているのがブラックフライデー。

海外ではクリスマスに向けて大々的にセールが始まり、消費を刺激するために根付いている年末ビッグイベントの一つ。

おもちゃやファッション、家具家電などありとあらゆるものが大特価で発売されるこの時期。

あのスーパーブランドは実施するのかちょっと気になってしまいましたので調べてみました。

Ads by Google

ブラックフライデーとは?

最初に聞いた時はこの言葉がいい言葉だと思いませんでした。

個人的には「ブラックマンデー」という言葉が強過ぎて、また経済でとんでもないマイナスな事件が起きたのか。しかも日本で…と思いましたが実際は真逆でした。

ブラックフライデーとは、アメリカのサンクスギビング(感謝祭)という祝日である11月の第四木曜日の翌日金曜日を指します。


2016年は11月25日に当たります。

アメリカでは、サンクスギビングを皮切りにクリスマスシーズンに突入。伝統的にこの時期はスーパーや百貨店・ショッピングモールなどが大幅な値引きを行う「スーパーセール」を実施します。

その合図となるのが、サンクスギビングであり翌日の金曜日は、全ての小売業が黒字(ブラック)になることから、ブラックフライデーと呼ばれるようになったのです。

ブラックフライデーでどれくらい安くなるのか?

海外では11月第4週の木曜日(感謝祭)はブラックフライデーに備えて準備休業する店舗が多く見られます。

翌金曜日の早朝には開店待ちの長蛇の列がつくられ、開店と同時に店内になだれ込む、というのが例年の風物詩となっています。

ほとんどの企業は通常価格の半額、もちろんそれ以上に値引きをする企業も多数あります。

Ads by Google

グッチ2016・海外のブラックフライデーはどうなる?

多くの企業でこの期間をチャンスと捉え、大規模なセールを実施しますが、ここ2〜3年の傾向として海外のGUCCI正規店はセールは行っていない様子。

正式な発表はされていないようなので、正確にはわかりませんが今年も基本的には実施しない感じではないでしょうか。

本家で実施しないのに、日本だけで開催するのはなかなか難しいと言えますので2016年はブラックフライデーが日本に上陸したとしてもGUCCIがこの流れに乗ることはほぼないと言えるのではないでしょうか。

まとめ

ブラックフライデーという言葉がまだまだ世間に浸透しておらず、企業側から「ブラックフライデーですよ!」と大々的に告知を出してもまだまだ売上の起爆剤としてはなり得ないような気がします。

ただ今後、業界全体でその方向性で行くのであるのであれば当然ですが今年だけの成果を見るにではなく3年4年と続けた結果、どうだったのかを判断することが重要です。

何事も世間に浸透するまでには時間がかかるもの。

しかし浸透すれば、バレンタインやハロウィンのように大きなイベントになることだけは間違いない気がします。

Ads by Google