今や安定して世界ランキング上位に名を連ねるなど、その名を世界に知らしめている錦織圭選手。

2016年シーズンも上位8傑に入り、ATPツアーファイナルでその勇姿を見せてくれていることは我々日本人にとっては誇らしい限りですよね。

そんな錦織圭選手が世界ランキング3位のワウリンカ選手を破ったことで、最終ランキングが3位になる可能性が出てきたのです。

もしこれが実現すればとんでもない快挙になります。

錦織圭選手が世界ランキング3位になるための条件や可能性について探ってみました。

Ads by Google

現在の世界ランキング状況

まずはざっくりと現在の世界ランキングを確認していきましょう。

ランキング 名前 ポイント
1位 アンディ・マレー 11,185
2位 ノバク・ジョコビッチ 10,780
3位 スタン・ワウリンカ 5,115
4位 ミロシュ・ラオニッチ 5,050
5位 錦織圭 4,705
※2016年11月14日時点

現在3位のワウリンカ選手とのポイント差は410ポイント。

この差は決して大きなものではありませんが、しかし少ないものでもありません。

3位になる為にはツアーファイナルをやはり勝ち進めていくしかないのです。

ATPツアーファイナルの対戦表とポイントについて

それでは次にツアーファイナルのルールとポイントについて簡単に確認していきましょう。

■ルールについて
ATPツアーファイナルは世界ランキング上位8位までの選手が2つのグループに分かれて総当たりで対戦し、上位2名が準決勝に進むという流れになっています。

■ポイントについて
ラウンドロビン(予選)1勝 200ポイント
準決勝勝利 400ポイント
決勝勝利 500ポイント
全勝優勝 1500ポイント

ラウンドロビンでは全3試合を行いますので、全勝を飾ることができれば600ポイントが獲得できるということになります。

それでは最後にどの条件が実現すれば世界ランキング3位となるか確認していきましょう。

Ads by Google

錦織圭選手が世界ランキング3位になるための条件は

2016年11月15日現在でラウンドロビンの残り試合は2試合。

現段階で錦織選手とワウリンカ選手のポイント差は410ポイントになります。

一つずつ見ていきましょう。

ラウンドロビンでのポイント変化

⚫︎錦織選手
2敗 : 4705ポイント(予選敗退)
1勝1敗 : 4905ポイント(準決勝進出)
2勝 : 5105ポイント(準決勝進出)

⚫︎ワウリンカ選手
2敗 : 5115ポイント(予選敗退)
1勝1敗 : 5315ポイント(予選敗退)
2勝 : 5515ポイント(準決勝進出)

錦織選手が残り2試合で全て勝利、ワウリンカ選手が全敗だったとしても3位に食い込むことができません。(僅か10ポイントですが届きません)

ここから錦織選手が世界ランキング3位になる為には予選突破は必須条件になります。

錦織・ワウリンカ選手が2勝で予選を突破したら

⚫︎錦織選手
予選終了時: 5105ポイント
準決勝敗退 :5105イント
決勝進出 : 5505ポイント
ツアーファイナル優勝 : 6005ポイント

⚫︎ワウリンカ選手
予選終了時: 5515ポイント
準決勝敗退 :5515ポイント
決勝進出 : 5915ポイント
ツアーファイナル優勝 : 6415ポイント

残りの予選をワウリンカ選手が2勝して準決勝に進んだ場合、錦織選手が世界ランキング3位になるための条件は「ツアーファイナル優勝」です。

予選で錦織・ワウリンカ選手が1勝1敗だった場合

⚫︎錦織選手
予選終了時 : 4905ポイント
準決勝敗退 : 4905ポイント
決勝進出 : 5305ポイント
ツアーファイナル優勝 : 5805ポイント

⚫︎ワウリンカ選手
予選終了時 : 5315ポイント

(この場合、ワウリンカ選手は予選敗退になるので以降のポイント追加はありません)

しかし、この場合でも錦織選手に残されている世界ランキング3位への条件は「ツアーファイナル優勝」となります。

ワウリンカ選手が予選で勝利できなかった場合

⚫︎ワウリンカ選手
予選終了時 : 5115ポイント

この場合、錦織選手が世界ランキング3位に入る為に必要な条件は「決勝進出」となります。

まとめ

錦織選手が2016年シーズンで世界ランキング3位になるにはツアーファイナルで決勝以上の進出が条件となります。

もちろん、現在の3位・ワウリンカ選手の結果次第では「ツアーファイナル優勝」というかなり偉業が必要になります。

これを見て「世界ランキング3位」という壁が非常に分厚く高い壁だと感じずにはいられません。

ただ、錦織選手ならこの大きな壁を必ずや乗り越えてくれるはず!頑張れ錦織選手!!

Ads by Google

コメントをどうぞ

ページの先頭へ