2016年も大阪のど真ん中を彩る豪華なイルミネーションが開催されます。今年で14回目を迎えかなり大阪府民にも浸透して来た印象の冬のイベントとなっています。

そんな華々しいイルミネーションの開催を告げてくれるのが豪華ゲストを招いた点灯式。

毎年恒例となっている点灯式ですが2016年は一体どんな詳細になっているのでしょうか。

これまでの流れも踏まえつつ、確認していきたいと思います。

Ads by Google

光のルネサンス2016点灯式の詳細を確認

光のルネサンスでは毎年、ゲストを迎え盛大に点灯式を行なわれ開始されます。

■光のルネサンス開催期間
2016年12月14日〜2016年12月25日

ちなみにですが、本点灯は上記の期間ですが実際はもう少し早い段階から中島エリアなどではイルミネーションが点灯されています。

「プレビュー点灯」なるものが実施されているのです。

■プレビュー点灯期間
2016年11月20日〜2016年12月13日

…え!?
プレビュー点灯の方が長いやん!?

というのが正直な感想なので、いつから始まってるの?という疑問を持ちながら雪崩式に始まっている印象があるんですよね。

だからこそ知っておいて欲しいのです。

光のルネサンス2016がいつ始まるかを。

もちろん2016年も点灯式が行われることが予想されます。ゲスト予想とともにまとめています。

光のルネサンス点灯式の開催場所・日程

開始場所 : 大阪市中央公会堂正面
住所 : 大阪市北区中之島1丁目1番27号

開催日 : 2016年12月14日
開始時間 : 17:00頃〜

光のルネサンス2016が本格的に開始されるのは「2016年12月14日」からです。

すでに点灯されているので、始まっているんだな〜と思われている方。かなり損をしています。

本格的に始まれば中之島エリアで様々なイベントが実施され、多くの出店も出て来ます。

12月14日以前に行かれたという方は光のルネサンスを100%楽しめていないので、再度足を運んでみる計画を立ててみてはいかがでしょうか。

Ads by Google

光のルネサンス2016・ゲスト予想

2013年は歌手の「DREAMS COME TRUE」とコラボしたエリアが作られ、本人たちのライブが行われるなど豪華な演出はなされています。

ドリカム自体は点灯式には参加していませんが、2013年の一番の注目ポイントではありました。

また、2015年はOSK日本歌劇団の高世麻央さんと折原有佐さんが点灯式にも参加してくれています。

ただ、2015年は大阪市長として橋下徹さんも参加されていたので点灯式に来られていた方は橋下さんを見れことの方が印象に残っているのかもしれません。

2016年のゲストは誰なのか?

これまでの傾向からも「大阪に所縁のある人」が選ばれる傾向にあります。

2013年はDREAMS COME TRUEというかなりの大物でしたが、例年ドリカムレベルの大物がゲストが選出されているわけではないようです。

また、大阪市言えば橋下市長の政策を継承している政令都市ですからムダとは言い過ぎですが削れる経費は可能な限り削りたいという方向性は変わっていないはず。

あるとしても2015年のように全国区というよりは大阪を拠点に活躍している芸能人・文化人の方が考えられるのではないでしょうか。

まとめ

プレビュー点灯なるものがあるので11月中には始まっているのかと思いきや、本格的に開始されるのは「12月14日」からという以外な事実。

点灯式は毎年、中之島公会堂正面で行われており、恒例となっいる感じでしょうか。

点灯式当日から公会堂ではプロジェクションマッピングも行われる予定になっていますので、もし予定に空きのある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

Ads by Google