美味しいものは全部、東京にあるから大阪なんて…と、勝手に卑下していましたが大阪だってまだまだ東京に負けていないものもたくさんあるんです。

特に商人の町・大阪ですから味もさることながら価格でも勝負しているところが魅力的なんじゃないでしょうか。

イタリアンバー・ピエーノで提供されている生うにパスタはなんと「980円」で美味しいうにとパスタが食べられるときたわけですから大阪の街が放っておくわけありません。

Ads by Google

イタリアンバー・ピエーノ詳細

住所 : 大阪府大阪市中央区難波4丁目5−3(近鉄難波線・近鉄難波駅が最寄り)

営業時間 :
11:45〜14:00 (売り切れ次第終了)
18:00〜翌1:00(L.O.24:00)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
定休日 : 不定休
席数 : 30席(カウンター10席、テーブル20席)
飲み放題メニューあり

イタリアンと聞くとちょっと敷居が高く感じてしまいますが、ピエーノは価格を抑えて入りやすい環境を意識している老若男女、間口に幅広いバーになります。

超絶特化980円の生うにパスタが食べられるということも認知度アップにつながりピークの時間はしっかりと席が埋まる人気のお店です。

生うにパスタを食べるための待ち時間や混雑状況は?

美味いものを安く出す店がある!

なんてとびっきりのフレーズを聞いてしまったら一度は足を運ぶたくなるのが世の常です。

現在はどれくらいの混雑状況なのか。世の中の動きから分析してみましょう。

ピエーノの行列状況を確認

メインは夜の時間になるので夜は常時混んでいる様子。

今日の夜はちょくちょくいってる難波のピエーノo(`ω´ )o 相変わらずの満席で2号店へ案内されちゃいました(笑)

気軽に行けるカジュアルなイタリアンバル。
人気店なので、いつも混んでいます。
22時以降だと比較的スムーズに入れます。

場所もなんば駅から徒歩圏内ということで好立地。

仕事帰りの人からプライベートの人まで多くの人を拾える場所でもありますので混むのも当然でしょうか。

ファンも多いようで、テレビで紹介され嘆く方も。

夜は主にお酒を飲む店なので、回転率もさほど高くないと思われますので満席状態でお客さんが来店した場合、入れなかったお客さんは別のお店に変更することが多いと思われますので行列はないと思われます。

夜でも980円の生うにパスタは食べられるようなので、入れた場合は一度は頼んでおきたい商品であること間違いなしです。

Ads by Google

ランチの時間の待ち時間は?

ピエーノの席数は30席かつ店舗も決して広くない大きさになりますので、昼のピークの時間は並ぶこと必至でしょう。

ただ1人のお客さんがオーダーしてから商品を提供し、お客さんが食べ終わり、片付けをする。

この一連の流れで約20分はかかると考えると、3回転したとすると約90人をランチタイムで対応できるということになります。

なんばと言えば、大阪で1、2を争う人気かつ人も多いエリアですが、20分の間の中で一度に30人以上が店舗に密集するかというと…そんなこともなさそうなので、意外と待ち時間なしでいけそうな感じがしています。

待ち時間なしでありつける狙い目な日程は?

こういう人気店の混雑状況を聞くと絶対に一度はこう声を聞くと思います。

美味し物は食べたい。
でも長い待ち時間は嫌だ。

と、いうワガママだけど、でも非常に共感できるこの一言。

なんとか打開策はないかと色々探しているとこんなツイートを見つけました。

ま、マジっすか!?

時間的には遅い昼ごはんなのか、早い晩ごはんなのかとても悩む時間ですか悩む時間だからこそ空いているとも言えるかもしれません。

しかし、何はともあれこの時間帯はあまり並ばず店内も混んでいない状況で生うにパスタを食べられそうなので、並びたくはないけど興味はある!という方は是非、狙ってみてください。

まとめ

大阪で1、2を争う人気エリアだけに「美味くて安いもの」なんていう噂がたてば一気に注目度も高まるといものです。

お店自体もイタリアンとしてエリアでは高く認知されていますから、980円という破格の値段で提供されてい生うにパスタで鬼に金棒となっていわけです。

人気の商品・人気の店なので混雑は必至ですが、もしタイミングや根気が合えば是非とも一度に足を運んで頂きたいお店となっております!

Ads by Google