お正月の風物詩「箱根駅伝」

2017年は各大学の戦略に大きな影響を与えるであろう大きな変更点があります。

距離変更です。

しかも距離変更があるのが箱根駅伝の中でも肝心要でもある「5区」が変わるんですから戦い方も違ってくるのはいうまでもありません。

Ads by Google

箱根駅伝2017の距離変更詳細

まずは距離が変わる区間とその長さについて確認しておきましょう。

変更区間 変更前 変更後
4区 18.5km 20.9km
5区 23.2km 20.8km

やはり最も注目したいのは5区の距離変更。

これまでは山登りかつ最長距離だったことで「山の神」なる言葉が生まれてきた区間でした。

ここでのごぼう抜きや驚異的な記録を見るのが楽しみで箱根駅伝を見る方も多かったと思いますので「なぜ?」と思われた方もいると思いますので、その理由も確認しておきましょう。

4区・5区の区間変更の理由は?

今回の変更理由は主に「5区」における選手への負担軽減と成績貢献度への調整です。

  • 5区の後半で低体温症や低血糖症の症状に陥る選手が多発していること
  • 総合成績における5区の貢献度が大き過ぎること
  • 4区の距離を短くしたことでマラソンに適応できる選手の芽を摘み取っている懸念

上記3つが主な理由と言われています。

これまで「山の神」と呼ばれ箱根駅伝の注目を一身に集めてきた名選手がいる一方で身を削って山に挑み、散っていった選手も多いということなのでしょう。

この変更だけでも箱根駅伝のドラマに思いを馳せてしまう自分がいるのですが、この変更はもう1つ大きな影響を与える部分があります。

それが箱根駅伝全体を鑑みた「戦略」です。

Ads by Google

距離変更で戦略に与える影響は?

5区という箱根駅伝でも最重要区間に距離変更があったことで箱根駅伝で戦う戦略は大きく変わってきます。

その理由を順を追って確認していきます。

これまでの5区の貢献度

前述させて頂いた通り5区は2016年大会までは「山登りかつ最長区間」ということで、箱根駅伝を勝つ上で最重要区間として位置付けられていました。

それはなぜか?
2つの理由が考えられます。

後れをとっていた場合:
群を抜いた実力のエースがこれまであった差を大幅に縮める。もしくはその差さえもなかったものにすることができる。

先頭だった場合:
後続との差を更に広げることができる。もしくは埋められないほどの差を作ることができる。

これが顕著に出るのが体力的に最も辛い「山登り」の5区だったということです。

これに伴い、これまでは各チームはエース級もしくは山登りに適応できる選手をできる限り当てることで箱根駅伝を有利に進められるような戦略を取ってきました。

それでは4区の距離が長く、5区の距離が短くなった今回の変更で戦略がどのように変わってくるのか考えてみました。

距離変更で総合力が最も重要に

これまでは「5区」にずば抜けて能力の高い選手を起用することで、他区間が多少遅かったり見劣りしたとしても優勝戦線に食い込めるとういう状況でしたが、今回の変更で問われるようになるのは「総合力」です。

5区だけではなく全ての区間でしっかりとした結果を残せることが優勝の絶対条件になります。

そして「総合力」で言えば前評判では現在、大学駅伝で2冠を達成している青山学院が頭一つ抜きに出ている印象です。

青山学院・原晋監督はこう語っています。
「4区はエース級の選手が起用される。選手層の厚いチームが有利になり上位と下位の差が広がるでしょう」

2017年から注目すべきは「4区」

ここに注目することで箱根駅伝の見方も変わってくるはずです。

まとめ : 距離変更で戦略は変わる!

まさかの名物「山登り」の距離が短くなるという変更が実行され、各大学の戦略にも大きな影響を与える状態となっています。

2017年からは5区も注目ですが、エース級が起用されるであろう「4区」こそ勝敗を分ける区間になる可能性が高いです。

距離変更で優勝候補の監督たちがどんな戦略を取ってくるのか分析するのも、また面白いかもしれませんね。

Ads by Google