フランキー為谷の現在は?フレンドパークでジャンプが凄すぎた件

何やらキャッチした情報によればフレンドパークはこれからTBSの冬特番の定番になるかもしれないらしいじゃないですか。

TBSと言えば春と秋のドラマ改編期のつなぎの時期に行われる人気特番「オールスター感謝祭」がありますが、どうやらこのへんを意識した番組を「フレンドパーク」に任せようという魂胆なんだとか。

6年ぶりに復活を果たすフレンドパーク。

リアルタイムで楽しんでいた我々に取って、気になるのはあの超・ハイテンションで凄まじい結果を叩き出していたあの人です。

Ads by Google

▶︎. フレンドパークはアトラクションを取り巻く人が面白い!

フレンドパークと言えば、趣向を凝らした様々なゲームを芸能人たちが悪戦苦闘しながらも記録に挑戦していくのを楽しむ。というのが趣旨の番組ですが、通の人たちはちょっと違うところに注目します。

例えばフレンドパークで最も人気が高かったアトラクション「エアホッケー」

ホンジャマカの2人が大きな壁となってグランドスラム(全てのアトラクションをクリアすること)を阻むというのが本来の趣旨ですが通の見どころは衣装です。


ほんの一例ですがこんな感じ

相手によってハンデを付ける意味合いも込めて衣装が大きく変わるのが面白かったと記憶しています。

例えば華奢で可憐な女優さん相手ならとんでもなく動きづらい着ぐるみを着てくることもあれば、バリバリのスポーツ選手が相手となればほとんどハンデの感じられない衣装なんかで出てくることもあって、毎回どんな衣装で出てくるのか楽しみだったのがエアホッケーです。

そして、ホンジャマカと同じくらい我々、視聴者を楽しませてくれた人がいるのです。

そうです。
フランキー為谷さんです。

▶︎. フランキー為谷の現在は?

いやいや、そもそもフランキー為谷って誰やねん!っとツッコミたくなると思うんです。

その気持ち、わかります。

自分も今でこそフランキーさんを知っていますが、当時まだスマホなんかも持っていませんでしたから、わからないことをすぐ調べる習慣がなかったので「誰だこれ?まぁ、いいや。」くらいで終わっていたんですね。

でも今は違いますからね。
とりあえず、フランキー為谷さんの簡単なプロフィールを確認しておきましょう。

フランキー為谷プロフィール

  • 名前:フランキー為谷(ためがい)
  • 出身:栃木県足利市
  • 生年月日:1971年5月31日
  • 血液型:A型
  • 身長:180cm

当時はフレンドパークの仕事は「生涯の仕事」と言うほど情熱を注いでいたそうです。

そんなフランキー為谷さんですから、特番になっても使い続けて欲しいと切に願うのは自分だけでしょうか。

東京フレンドパークでの思い出

フランキー為谷さんとフレンドパークでの思い出と言えば、やはりとんでもないテンションの高さです。

エアホッケーと二分するほど人気だったアトラクション「ウォールクラッシュ」でのデモンストレーションを演じていたのが何を隠そうフランキー為谷さんです。


ウォールクラッシュ

毎回、デモンストレーションをジャンプしてくれるのですが、そこに至るまでのテンションが高いこと、高いこと。

もうぶっちゃけて言えば、デモ前の為谷さんは何を言っているのか全くわかりません!でも、それが面白い!勢いこそ正義みたいなやつですね。

関口さんの笛でその勢いを制された後は、アトラクションデモ。

2段ジャンプでいとも簡単に最上部の「CLEAR!」まで飛んでしまうところが毎回、仰天させらたのを記憶しています。

そんな為谷さんの現在と言えば…

Ads by Google

現在はYoutubeにチャンネル持っています

為谷さん、まさかのユーチューバーになっておりました。

テレビのオファーがなくても、気持ち次第で世間に露出できる攻めの媒体であること。また、昨今はピコ太郎さんのようにちょっとしたきっかけで宝くじ級の大ブレイクを果たす可能性も秘めている。

関連記事: ピコ太郎の3ヶ月の給料明細

こんな美味しかったらユーチューバーにならん手はない!と言うのは言い過ぎかもしれませんが、テレビ局からのオファーを待っているよりはよほどいい方法だと思います。

と言うことで、チャンネル内で現在(2017/1/9)最も人気の動画を確認してみましょう。

結構、古い動画ですがテンションは相変わらず高めでなんだか当時のまま変わらない感じが安心させられます。

ただ、アップロードから3年以上が経過して最高が2000回弱の再生回数ですからまだまだ道半ばと言った感じは否めません。

ただ2010年にチャンネル登録して以降、定期的に動画をアップしているところを見るとこれでやっていくと心に決めて真摯に取り組まれているんだろうなというのはありありと感じさせてくれます。

ユーチューバー・フランキー為谷に興味のある方はチャンネル登録してみてはいかがでしょうか。

タメガイちゃんねる。登録はこちらから

まとめ

勢いだけは誰にも負けないテンションは個人的に江頭2:50さんを彷彿とさせるものがありましたが、今や路線は全く違う方向へと進んで行っているようですね。

最近はユーチューバーの数も増えて、動画をアップしているだけではなかなか注目を浴びるのが難しいとは思うんです。

でもピコ太郎さんの例もあるので、継続は力なり。何があるかわからない。

一発逆転、狙おうぜ!!

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です