母として、経営者として、そしてタレントとして忙しい毎日を過ごしながらも全ての面でしっかりと結果を出している千秋さん。

「やっぱり、できる人は何やってもできるんだろうな〜」

と、己の努力の足りなさを棚に上げてただただ憧れるという”あかんヤツ”全開の毎日ですが、できる人のマインドを借りて、いざ成長へ!

先日、千秋さんがフジテレビの「モシモノの2人」に出演して己の体験を元にした”離婚の注意点”を上げていたのが非常に興味深かったにで紹介させて頂きます。

Ads by Google

千秋さんが紹介した芸能人が離婚する時に気をつけること

まず今、離婚を考えている芸能人たちが気にするのが「離婚後も仕事や生活が回るのか?」ということ。

このあたりは、我々素人であればかなり重要な要素になるので経験者から何かしらのアドバイスを求めたくなる気持ちはわかります。

ただ、芸能人って“金銭的に独立している人が多いからそんなこと気にしていないんだろうな”なんて勝手に思っていたのですが、離婚後の生活や仕事についてアドバイスを求めるというのは結構意外でした。

千秋さんは、そのあたりもしっかりと抑えた上で芸能人にアドバイスをしているのです。

活動にダメージを受けないように計画的に

芸能人の場合、離婚したらほぼ100%世間にバレます。

これはある種、己のプライベートまでもさらけ出さなければならない芸能人の宿命みたいなもの。

ただ、それだけに無傷ではいられない。どうしてもダメージというのは受けてしまいます。

このダメージをいかに計画的に回避する、もしくは最小限に抑えるかをアドバイスしているんだそうです。

騒がれたくない人はひっそりと年末にすべし

これは芸能界では常套手段となっている手法ですね。

  • 年末には多くの特番があり、スクープを狙う方もそれどころではない忙しさに追われていること。
  • また、年末の休みが重なりそもそも働いていないから騒ぐにも騒げないこと。

というのが年末に離婚をおすすめする事情になります。何事もしっかりと考えて計画的に行わなければリスクは回避することができな良い例という感じでしょうか。

Ads by Google

別れた夫の悪口は言わない

悪口を言えばそれが注目され、せっかくひっそりと離婚したとしても掘り返されたりややもすれば報道が加熱するようなことも考えられます。

ミュージシャンや女優さんであればテレビ出演があってもさほどプライベートなことを話したり、突っ込まれることもないので「つい、うっかり」みたいなことはないと思われます。

ただ、千秋さんのようにバラエティに多く出演する人は様々なところから離婚について答えなければならない状態に陥ります。

その際に取るべき行動もしっかりと考えて行動することが芸能人の離婚において重要なことになるということなのでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

全てにおいてしっかりと結果を出しているからこそ、周囲が信頼しアドバイスを求めて千秋さんのところに足を運ぶのであろうことが伺えます。

そんな頼りにして来てくれた人に対しては1人ずつ真摯に向き合い、その人に合ったアドバイスをしてあげるそうですから、さすが敏腕経営者と言わざるを得ないと言ったところでしょうか。

しかし、離婚してしまうのはある意味では仕方ないことなのかもしれませんが特に小さいお子さんがいる家庭では極力避けてほしいな…なんて思う今日この頃なのでした。

Ads by Google