まずはこの話題に触れないわけにはいかないでしょう。

あまりにも突然の引退報道に驚いた方も多いと思うんです。何を隠そう自分もそうでしたから。

ただでさえ「何で?」という思いが駆け巡ったのに、更に引退の理由を聞いて「何で?」が増幅されたのは言うまでもありません。

清水さんの場合は芸能人であり、色々な利害関係者や契約なんかも関わっていてサラリーマンが仕事が嫌になって「辞めてやる!」と仕事をほっぽり出すのとはちょっと色合いが違います。

今回は人気マンガ・東京喰種が実写化されるにあたり重要な役どころを任されれていた清水さん引退で公開が中止になるのか、また清水さんに損害賠償なんかがあるのかも考えてみたいと思います。

Ads by Google

東京喰種ってどんな作品?

清水富美加さんの役どころを語るにあたり「東京喰種」というマンガがどんな内容なのか知っておいた方がわかりやすいと思うので簡単に説明しておきます。

現代の東京を舞台に、人の姿をしながら人肉を喰らうことで生きる怪人達「喰種」(グール)をテーマにした作品。
引用:Wikipedia

テーマ自体が何ともセンセーショナルではありますが、なかなか奥が深い作品でありファンも非常に多い作品。

すでに多言語で翻訳され世界中で読まれていること、アニメやゲームなどでも展開されており個人的には「やっと映画になったか」くらいの感じです。

清水富美加さんの役どころは?


霧嶋董香(きりしま・とうか/トーカ)のイメージカット

清水さんの役どころは
「喫茶店あんていくの従業員である少女トーカ役」

どんな役か簡単にまとめると…
・トーカは喰種(グール)である
・カネキ(主人公)と行動を共にする少女

これ以上書くとネタバレも多く出てきてしまいますので控えておきますが、要は重要な役どころというわけです。

そんな清水さん引退で出演NGになってしまったら…一体、この映画どうなってしまうのでしょうか。

Ads by Google

映画が中止になる可能性は

これまで使った費用、原作者との契約、出演者たちのメンツなど利害が大きすぎて中止はかなり難しいと判断していいのではないでしょうか。

宣伝のビジュアルにも大々的に使用されていますし、映画内の役どころも重要な部分を占めており出演時間も長いことから清水さんの出演部分をカットして公開というのも現実的ではありません。

また、かなり共演者たちも大物や人気者を多用していますので撮り直すのもスケジュール的に不可能に近いと考えられます。

こうなると考えられるのは2つ。
・事務所と本人と話し合意の上、公開
・公開中止で多額の賠償金

どちらかなんじゃないでしょうか。

事務所と本人と話し合意の上、公開

正直、これが1番スマートなんじゃないでしょうか。

1番考えて欲しいのはファンであり、公開を楽しみにしていた視聴者なわけで、実写化された東京喰種を見たいという方がほとんどだと思います。

ここは清水さんには最後の仕事と思って、ぜひ公開に前向きに対応してもらいたいと思います。

公開中止で多額の賠償金

これは多方面で遺恨しか残らないような終結だと考えます。

ファン、テレビ、マンガ、広告、事務所…上げればキリがない程にマイナスの印象だけが残って終わります。

できればそれだけは避けて欲しいというのが切なる願いです。

どうか、この結末は避けて欲しいと思う今日この頃なのでした。

Ads by Google