フライングタイガーのイースター関連グッズ2017もウサギが最高!

やっぱり「笑い」って最強なんじゃないかって最近は本気で思うようになってきている節があります。

ビジネスでもプライベートでも「笑い」があれば場も和むし、話もスムーズに進む。悪いムードの時は「笑い」が入ることで状況が一変されることだって往々にしてあるくらいですから。

「笑い」を追求し過ぎた商品は日常的に使うものとしては寿命が短かったり、ややもすれば”どこでつかうんじゃい!”なんてツッコミたくなるようなものも多々出てきますが、そこはご愛嬌。

フライングタイガーのおもしろイースター、見ていって下さい。

Ads by Google

フライングタイガーのイースターグッズの1部を紹介!

ちょっと意外だったのが、フライングタイガーってこんなおもしろいことを言う会社だったのかということ。公式サイトは完全に笑かしにかかってきています。

これを使えば、大人から子どもまで笑顔を獲得できること間違いなしです。

ひよこのマグネット


身長25cm、3色展開で¥648円(税込)

身長25cm…しかもマグネット!?
…そのマグネットどこに貼るんじゃい!!

関西人だからっていうわけじゃないですからね。普通、このサイズのものを「マグネットです」って真顔で出されたら100人いたら100人ツッコミますよ。いや、俺(私)はツッコまないという方。ツッコミましょ〜よ。

フライングタイガーのサイトでは「3匹集めて仲間を増やそう!」と書いていますが…

そんなデカイの3つもどこ貼りますねん!

ちょ、ちょっと休ませてくれ…と言わんばかりのツッコミどころ満載の商品です。

エッグストリームスポーツ!


¥864(税込)

マジックテープが付いたボール付きのニワトリ帽子。フライングタイガー的には同僚にかぶせてボールを投げつけると面白いらしい。

でも見て下さい。帽子のニワトリが怒っとります。あ〜、しかも目が尋常じゃない感情を醸し出しておる。

ただ、それよりも自分が気になったのはサイトに記載されているこの文言。

「あなたはすでにキリマンジャロにも登ったし、スノーボードとパラシュートも経験した。でも、オフィスで同僚に卵を投げつけるのも非常に面白いよ。」

キリマンジャロとか、パラシュートとの関係は!?この流れから何で急に卵を投げつける流れになったんだ!ということの方が気になるんです。

Ads by Google

みんなのツイートから商品を見てみよう!

いきなり面白い雰囲気しかなかったので、フライングタイガーのイースターは大丈夫なのか!?なんて、一消費者として完全に不安になってしまった次第なのですが…

でも、大丈夫でした。

みんな、かわいいウサギやらニワトリやらを店舗で確認してくれています。さすがに面白いだけだったら北欧の吉本みたいになってしまいますもんね。

イースターはウサギが人気!その他かわいい商品多数!

この辺はイースターカラーとウサギをメインに数多くの商品が展開されていることがわかります。

ここで一つ気づきました。

やはり北欧の企業は「萌え」的な要素は全面に打ち出してこない様子。フライングタイガーのウサギは”リアル感重視”の仕様になっているものが多いんじゃないでしょうか。

こんなリアルなウサギたちが群雄割拠しているの売り場にもし、日本を代表するウサギのキャラクター・マイメロディが迷い込んできたら…それはそれは、不安で帰りたくなるに違いありません。

続きましてウサギグッズ以外の商品を紹介しているのがこちらのツイート。

マグカップにマスキングテープ、そして極め付けがタマゴ。いよいよ、イースターの真骨頂とも言える核心部分に迫ってきた感じです。カラフル&かわいいがところ狭しと並んでいます。

わからないですよ。自分にはそれが許されるのかどうかはわかりませんが…もし、もし許されるなら男子1人でもこの売り場の前をウロつく権利を与えて頂ければ、きっとプライベートの食卓でも女子よりの話ができる。そんな気がしてなりません。

ちなみにこの方、他にも画像をアップしてくれていたので参考にしてみてください。


Ads by Google

フライングタイガーのウサギは”リア重”と思いきや、いました。

完全にイースターというお祭りの雰囲気に負けて、気が抜けまくっているウサギちゃん。


おいおい、それは笑顔なのかはたまた気が抜けてるのか素の顔なのか一体どれなんだ!

…でもいいよ!なんか、友達になれそうな癒し系な顔じがいいよ!

どっちかというと若い日本の女子にはこっちの方が受けそうですね。ちなみに筆者もこっちの方が好きです。

そして、使い方が面白かった商品を1つ紹介しましょう。

耳〜!!ウサギの耳をそうやって使うのね。

なんとも面白くて工夫が凝らされてるいるいい作品んじゃないですか。

でもね、でもね1個だけ。
おそらく画像を撮った人は思ったんですよ。これで世間から注目されて一躍有名人に!?みたいなことを。

でもね、多い。多すぎるんですよ。

これを見たら思わず「ウサギ多っ!」みたいな感覚になっちゃっいます。

そうなるともう我々の頭に作品の工夫てや使い方が頭に入ってこない。頭に残っているのはそう「ウサギ多っ!」の画像だけなのです。

おっと、こんな飾り付けができるものまで用意されているとはかなり守備範囲が広い。

学校の行事とか何かのイベントじゃないとなかなか大人は利用できないところもありますが、子どもがいる家庭になら複数個あれば家が一気にイースター色に染められそうじゃないですか。

なにかツッコミを入れたかったのですが、何かほっこりしてしまったのでこの商品についてはこれくらいにしておきたいと思います。

最後に…

これはおそらくイースターとは関係ないと思うんですが…どーしても触れておきたかったので載せてみました。

最初の感想は…顔!ですね。

正直、この手の絵が「かわいい」という感覚をほとんど…いや、全くもって持ったことがない。いやいや、確かにおもしろくはありますけど、可愛いってことは絶対にないでしょう!

ただ、ただですよ。今、ツッコミながらハッとしました。

これを可愛い言えない自分はもしかしたらグローバルスタンダードから逸脱しているのでは…!?

やっぱり、訂正やな。
これはきっと、多分、かわいいおばあちゃんだ。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です