まだ2017年のペナントも開幕していないのに何を気の早い話をしているんだ!と、言いたい方。ちょっと待ってください。

2017年はペナントが始まる前に世界を巻き込んだ大きな大会が控えているじゃないですか。

そうです!
WBC(ワールドベースボールクラシック)です!

我々、日本は初代優勝国としてこの大会はお家芸として優勝をもぎ取らないといけないのです!そのためには我々、ファンの応援は必須。

WBCに向けて現役最強打者を確認して、120%の応援につなげていこうじゃないですか。

現役最強選手2017【投手編】はこちら!

Ads by Google

まずは抑えておきたい選出人となるレジェンドOB

やはり現役最強を選ぶのはもちろん過去に「最強」と謳われたレジェンドたちだからこそ説得力があると言うもの。

中居くんの下に集まった選出人こと歴代レジェンドは以下の通り。

・野村克也
・古田敦也
・石井一久
・田尾安志
・村田兆治
・桧山進次郎
・前田智徳
・里崎智也
・中畑清
・駒田徳広
・高木豊
・北別府学
・篠塚和典
・山本昌
・関本賢太郎
・山崎武司

いずれも過去の実績は十分。かつ鋭い洞察と分析力をもった方々が集まり最強打者・バッターを選出してくれています。

それでは確認していきましょう!

9位 鈴木誠也

2016年「神ってる」で流行語大賞まで受賞した男は打者としても一目置かれる存在。評価ポイントは理想的なスイングと、打ち損じの少なさ。2017年も「神ってる」実力は健在。

8位 角中勝也

仲間内では変態打ちと呼ばれる打ち方が特徴の角中選手。あらゆるボールをヒットにするバットコントロール、2ストライクとられても粘って出塁できるところへの評価が上がった。

同率6位 柳田悠岐

2015年にトリプルスリーを達成した走攻守揃ったバッター。中でもとてつもない破壊力を持つパワーは元・メジャーリーガーの松井秀喜氏に匹敵するという声が多数上がった。また、逆方向にも大きいのが打てるところが評価のポイントに。

同率6位 内川聖一

配給の読む力がスゴイこと、状況に応じてバッティングを変えられることなどへ評価の声が多数上がった。また、インコースにきたら大きいのを打てるなど長打が打てることも評価されての選出。

Ads by Google

5位 イチロー

言わずと知れた名バッター。走攻守が揃った全てにおいて異次元のバッターと過去のレジェンドたちも絶賛。

4位 坂本勇人

類稀なインコース打ちの名手である共に近年はインコース・アウトコース問わず長打を打てるようになってきたことが評価のポイントに。

3位 大谷翔平

二刀流を見事に実現していることに評価もありながら、特筆すべきはそのパワー。飛ばないボールも軽々とホームランにしてしまうパワーは圧巻。大谷選手も左右問わず大きなあたりが打てることへの注目度は高かった。

2位 筒香嘉智

読み方は「つつごう よしとも」2016年ホームラン王に輝いたパワーに評価が集中。筒香選手も左右・広角にホームラン打てることが魅力にあげられていた。

1位 山田哲人

2年連続トリプルスリーに対する評価はレジェンドたちからも高かった。数いるパワーヒッターよりも体格は劣りながらもホームランを量産する技術が評価ポイント。強いボディバランスで全体重をボールにぶつける技術は全軽量級バッターが真似したいところ。

まとめ

全体的な評価として左右・広角に遠くまでボールを飛ばせる選手がTOP10入りしていた印象です。

ただ、個人的にですがこれだけの体格よし・パワーも凄いというバッターが数多く並ぶ中で最も評価されたバッターが山田哲人選手だったというのは、小柄なバッターにも夢を与えるいい見本になると感じました。

プロの世界はどうしても大きな体格の選手に目が行きがちですが、小柄だって頑張ってるんだぞ!と思えるいいランキングでした。

Ads by Google