時代は変わりました。

今、世の中にあるサービスは10年前では考えられなかったようなことが日常茶飯事的に起こっていると思うんです。

消費者が求めるから起こるのか、はたまた提供する側の戦略が周到になってきているのか。…わかりません!はっきり言ってそれはよくわかりません!

ただ、これだけは言えるのは我々、消費者にとってはそれはそれは大きなメリットを享受できるようになったということではないでしょうか。

Ads by Google

ベン&ジェリーズのフリーコーンデーの日程や時間など詳細

今回、注目したいのがベン&ジェリーズのフリーコーンデー。横文字にされるとなんだか小難しく感じてしまいますがベン&ジェリーズがお客様へのアイを形にするために設定した「アイスを無料で提供しますよ」という日。

日程や時間、対象の店舗は公式Twitterを参考にさせて頂きましょう!

対象店舗

  • 表参道ヒルズ店
  • ⚪︎11:00〜19:30

  • ららぽーと豊洲店
  • ⚪︎11:00〜21:00

営業時間の全てがフリーデー対象となっているわけですから朝から混雑すること間違いなし。足を運ぼうと考えている方は絶対に並ぶ覚悟を持って足を運んでください。

フリーコーンデーに参加する条件や対象アイスは?

ベン&ジェリーズのスゴイところは絶対にここだと思います。最初に確認した時は「まさか…そんなことして大丈夫なのか!?」ですね。

まずは参加条件。

→ 特になし

マジですか!?と2度聞き、3度聞きとしてしまいそうですがこれが本当です。会員サイトへの登録とか、クーポンを見せるとかそういう作業すら入りません。

必要なのは…
そう!アイスをただただ楽しむという気持ちだけでOKなのです。

⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎

続きまして無料になる回数を確認しておきましょう。気になりますよね。

→ 何度でも無料で提供されます。

マジですか!?と、まさかのデジャブを繰り出してしまうほど驚愕なサービス。消費者からして見ればなんと非の打ち所がない最強のプレゼント。

あえて探すとするならば公式サイトでうたっている「列にもう一度並びなおしましょう」というところ。いや、全然それくらいしますよ!列に並び直すくらい普通にしちゃいます!むしろそれだけでいいの、ありがとうございます!!という気持ちです。

⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎

最後に対象のアイスは?これはさすがに限定しないとエライことになるでしょう。

→ 全てのアイスが対象です。

…えっ!?こ、更新情報間違えてるんじゃないですか!?と、とここまで行くと更新情報の真偽すら疑いたくなる状態。しかし、これは紛れもない事実。ここまで来るとなんだかサービスを受ける側も申し訳なくなってしまいますが…ただ、ベン&ジェリーズさんの企業努力を無駄にするようなことだけは絶対にしてはいけません。その好意、しっかりと受け止めましょう。みなさん、4月4日は必ず店舗に足を運んでください。

Ads by Google

ベン&ジェリーズで食べたいおすすめアイスとその理由

4月4日にベン&ジェリーズから最高の贈り物を提供してもらえるとあって足を運ぶのはほぼ確定的と言っていいのですが、ここで一つ問題が。

食べられるアイスが無料で提供されるとあっても、食べる側が楽しめる量はどうしても限度というものが出てきてしまいます。全種類を食べきれるほどの4次元ポケット級の胃袋を持っている方であれば話は別ですが、通常は1個か2個食べれば早々に限界がやってきます。

せっかく無料で食べられるのですから、どうせなら美味しいものを、更に言うなら食べることで何かに貢献できるのであればそれに越したことはありません。

そして、そこはさすがにベン&ジェリーズ。この想いにもバッチリ応えてくれるアイスを用意してくれているのですから感服してしまいます。

チョコレートファッジブラウニー

グレイストン ベーカリーで作られた濃厚ブラウニーがゴロゴロ入った「チョコレートファッジブラウニー」がおすすめ。グレイストン ベーカリーはニューヨーク州ヨンカーズの社会的企業で、「過去の経歴を一切問わない」というポリシーのもと、就職のむずかしい人に仕事や職業訓練の場を提供しています。

このアイスは「貧困率の高い地域の生活をサポートできる」という何とも意義深い行為をアイスを食べることで実現させてくれます。

自分が食べるアイスでいつの間にか、世界のどこかで貧困に困っている人を助けることができる。そう考えたら「チョコレートファッジブラウニー」を頼みたくならないでしょうか。

チャンキーモンキー

ベン&ジェリーズでは、フェアトレード認証の砂糖、カカオ、バニラ、コーヒー、バナナを使っています。つまり、どのフレーバーをえらんでも途上国の農家の生活レベル向上につながりますが「チャンキーモンキー」を選べば、より多く貢献することができます。

我々がベン&ジェリーズのアイスを食べることでで消費が生まれ、売上が発生する。その売上が原料を買い付けている農家に還元される…それがベン&ジェリーズの言う“途上国の農家の生活レベル向上”。そのアイス1つが小さな子どもの命を救うかもしれない!?と思うと意義深いです。

フィッシュフード

ベン&ジェリーズの地元、バーモント州で人気のバンド「フィッシュ」にちなんで名付けられたこのフレーバーは、フィッシュの「ウォーターイール基金」をサポート。売り上げの一部が、バーモント州シャンプレイン湖の環境保護活動に寄付されています。

水は全ての生物の基礎となる、いわば生きていく上で最も重要なもの言っても過言ではないでしょう。ちょっと言い過ぎかもしれませんがベン&ジェリーズでアイスを買うと湖を通じて生命の起源に対して感謝の意を表すことができるというわけです。水に対する思いを表現するなら「フィッシュフード」をお試しあれ。

全フレーバー

ベン&ジェリーズも動物たちが大好きです!私たちのアイスクリームには、放し飼いで育てられたニワトリの卵しか使いません。また牛にも地球にもやさしい持続可能な酪農を行うプログラム「ケアリングデアリー」に参加している牧場のミルクしか使いません。つまり、どのフレーバーも安心して楽しめます。

あ〜、遂に言っちゃっいました。薄々は感じ取っていましたがやっぱりそうなんですね。社会的な活動に意識が高いと思っていましたがベン&ジェリーズにおいてある全てのフレーバーアイスが食べることで社会に貢献できるというなんとも素敵なアイスだったのです。

もうここまで来たら悩む必要なんてないのではないでしょうか。4月4日のフリーコーンデーに行かない理由、探す方が難しいでしょう。持ち物は何も入りません。さぁ、ベン&ジェリーズにアイスを食べにいきましょう!

Ads by Google