目黒浩太郎シェフの経歴と味の感想は?アビスの場所も紹介!

同年代がメディアなどに取り上げられると正直、漠然と焦る気持ち…伝わるでしょうか。

今回は若くして自分の店舗を持ち、フランス料理界を引っ張る若手のホープ「目黒浩太郎」シェフのご紹介!

目黒シェフが作り出す料理は味だけではなく見た目にもキレイなものばかりで、見ているだけでお腹がすいてくるという何とも罪な料理となっています。近くにあったなら…一度は行って見たいお店が目黒シェフをが運営する”Abysse”なのです。

Ads by Google

目黒浩太郎シェフの経歴


・1985年生まれの32歳
(2017年4月現在)
・出身:神奈川県
・フレンチシェフを目指したきっかけ
→和食の料理人だった祖父の影響
・服部栄養専門学校を卒業
・修行した店舗
1.国内で複数の店で腕を磨く
2.2011年フランスへ渡仏
→マルセイユの三つ星レストラン「Le Petit Nice(ル・プチニース)
3.帰国後→品川区にある「カンテサンス」
2015年3月、29歳で東京外苑前に「Abysse(アビス)」をオープンさせる。

一流の人たちは、やはり幼い頃からその道に進んでいるという印象ですが常々、家族から受ける影響って大きいんだなと感じさせられます。

そして料理の世界で一流になるためにはほぼ例外なく海外で何年か修行を積んでいるということ。特にフレンチの世界では「ミシュラン」で星を獲得しているお店での経験が重要で目黒シェフもしっかりとミシュランで星を獲得した店舗で修行を積んでいるのです。

目黒浩太郎シェフが運営する店舗の場所はどこ?

若手で腕が立つ話題の料理人が運営する店。

なんて言われたら美味しいもの好きの美食家たちは一度は足を運んで見たいと思うのではないでしょうか。

と、いうことで調べてみました店舗の場所や詳細を。

Abysse(アビス)詳細

・住所:東京都港区南青山4-9-9 AOYAMA TMI 1F
・最寄駅:地下鉄銀座線 外苑前駅 徒歩5分
・外苑前駅から385m

外苑前からさほど遠くない駅チカという好立地。ただ、こんなツイートを見つけました。

もしかしたら若干、わかりずらいと感じる方もいるかもしれないのなんとなくではなく、しっかりと場所を確認していってもらうのがおすすめ。

店舗の座席数は16席となっており、規模感しては大きいとは決して言えませんが初めてのお店でこの立地で出せること事態がすごいことだ思います。

営業時間 :12:00〜13:30(L.O) 18:30〜20:30(L.O)
定休日 :水曜
予約:03-6804-3846

Ads by Google

Abysseの料理に対する感想は?

それでは最後に拾ってみましょう。

イケメンシェフ「目黒浩太郎」が作り出す素晴らしい料理の数々にお客様はどんな感想抱いているのかを。

こんな時こそ、Twitterが役に立つんです。

どのツイートも「美味しかった」「素晴らしかった」というものばかり。

残念ながら文字や画像だけでは、その味を知り得ることはできませんが見る限りの画像ではどれも華やかで見た目にキレイで「美味しそう」と思わせてくれるものばかり。

長年の修行で培われた技術は確実に楽しめるものばかりだと思いますので、何かの記念日に是非とも言ってみてはいかがでしょうか。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です