バーベキューをやろう!

と、思ったけど何からしたらいいかわからないという方にまずやってもらいたいことはバーベキューの全体像をつかむということ。

詳細はこちらにまとめていますので、すでに全体像を描けている人もそうでない人も確認してみて下さい。

バーベキューが盛り上がるために重要になる要素の一つに役割分担があります。

基本はできそうな人を見つけて役割をふっていくという流れになりますので、闇雲に役割分担をしないようにして下さい。

そうしてしまうと、当日いざ蓋を開けてみたら誰も準備できていなかった…なんてことも十分考えられますからね。

それでは次の章からはバーベキューの役割分担にはどんなものがあるのか、また誰にその役割を任せていくのかをまとめていきたいと思います。

Ads by Google

バーベキュー役割分担表

まずはバーベキューで各々が担う役割を一覧で確認してみましょう。

1.場所の確保係
2.バーベキューセットの準備係
3.各種食材の準備係
4.各種飲料の準備係
5.各種食器の準備係
6.各種遊具の準備係

大まかに分けるとこれらの要素が出てくると思います。

この一覧を元に一つずつ詳しく掘り下げていきたい思います。

1.場所の確保係

まず決めなければならないのは「場所」になります。

参加メンバーが足を運べる場所であれば基本的に問題はありませんが、楽しむために気をつけて欲しいことがあります。

1.バーベキュー場・許可がおりている場所を選ぶ

なんとも当たり前のように聞こえますが、ここを外すと様々な弊害が出てきますので気をつけて下さい。

バーベキューは火や煙が出る、ある程度の燃料を持ち込んでいるなど火事の可能性を秘めています。

バーベキュー場や確実に許可がおりている場所なら問題はありませんが、それ以外のグレーゾーンの場所は法律に抵触する恐れもあるので、管理事務所などに問い合わせて許可を得ることをお勧めします。

2.早めに動く

バーベキューを楽しむなら、ロケーションが良くて施設が充実した場所がいいですよね。

でも、そういう場所から埋まっていくので、特にハイシーズンは早い時期から計画を立て、いい場所の確保に向けて動くことが重要です。

以上を踏まえた結果、場所の確保係に向いているのは常識的で流行り・人気の場所を見つけることができる「真面目でトレンドに敏感な人」に役割を分担するのがオススメです。

バーベキューセットの準備係

この役割は人間でいう脳や心臓に当たる部分。

「最重要パート」になりますので人選は慎重に。

バーベキューセットの中には多くの道具がふくまれています。

◼︎バーベキューセット詳細
1.バーベキューコンロ
2.網
3.木炭
4.着火剤
5.ライターなどの発火装置
6.木炭バサミ

有料の施設を借りてバーベキューを行う場合はこれらのセット一式も用意されてるので準備の必要はありません。

そうでない場合は用意する必要がありますが、ほとんどの場合はバーベキュー上級者が持っているので、その人に頼ることになるでしょう。

これらを踏まえて、バーベキューセットは「バーベキュー上級者」に役割を分担するのが最も懸命な判断になります。

Ads by Google

各種食材の準備係

食材の準備には大きく分けて「肉・魚」と「野菜」の2種類があります。

それぞれで特徴が違うので食材の準備係の中でもどちらに役割を分担するか考えていきます。

「肉・魚」は基本的に買うことに特化しているので「お買い物上手」な人向けの役割となります。

一方、「野菜」は購入後に切るなど何かしらの料理項目が発生する役割となります。

そのため、「野菜」を担当する人はある程度の「料理上手な人」に分担してあげるのがいいのではないでしょうか。

各種飲料の準備係

開放感あふれる野外でのバーベキューですから、お酒やジュースなどの飲料系も場を盛り上げる大きな要素となります。

大人の集まりであればお酒が中心となり、合間に水やお茶が必要になります。

また、家族が中心であればお酒はほどほどにジュースも織り交ぜながら全体のバランスを考慮して購入する必要が出てきます。

これらを踏まえた上で各種飲料の準備係には「気の利いたお酒の知識に豊かな人」に話をふってみましょう。

各種食器の準備係

ここまででバーベキューのメインパートをしっかりと役割分担することができました。

ここまででかなりの気合を使ってしまって意外に忘れがちなのが、この各種食器の準備係です。

食器係が用意するものは紙皿・紙コップ・割り箸・ウェットティッシュなどバーベキューをするのに使用する食器類。

ここに記載したもの以外でも、プラスチックのお皿やコップなどでバーベキューをするのであれば、後片付けで食器洗いなどの仕事も出てくるので洗剤やスポンジを用意しましょう。

この辺りは各々が気を利かせて持ってくる必要がありますので、各種食器の準備係は「細かいところまで気を利かせられる、臨機応変なひと」がオススメです。

最後に…

最後はバーベキュー後に遊ぶための遊具ですが、これに関しては特に指名する必要はないと思います。

各々、自分で遊びたいと思うものを持ち寄り楽しみましょう。

ただ、ここでも何も支持しないと誰も何も持ってこないということになってしまいますので、代表として1人が2〜3個の遊具を準備すれば
バーベキュー後の時間も楽しく過ごせることでしょう。

まとめ

一言でバーベキューと言っても、仕事の役割分担などやるべきことたくさんあります。

幹事1人だけに仕事を押し付けるのではなく、みんなで協力する姿勢を大切にして取り組んでいけば、楽しいバーベキューになるはずです。

役割分担をしっかりと行い、みんなが楽しいバーベキューを目指しましょう。

Ads by Google