2016年から始まり今回で6回目の開催となるパンのフェス。ここ最近、テレビでも大きく取り上げられ累計入場者数60万人を越えた大人気イベント。

大人気イベントへと変貌を遂げるとよくあるのは、頑張って行ったけど入場にもたついてお目当のパンがすでに売り切れていた…なんていう悲惨な出来事です。

どうしても食べたい方は予約購入がおススメ!

せっかく、忙しい時間をやりくりして事前に情報も調べて出かけるわけですから優先して入場くらいしっちゃても…いいですよね!

Ads by Google

パンのフェス2019in横浜の優先入場券について

まずは基本情報から抑えおきましょう。

  • パンのフェス自体は入場無料。
  • 開催日・時間:
  • 11:00〜19:00(3/1、3/2)
    11:00〜17:00(3/3)

基本的に出入りは自由です。

しかし、やはり話題・人気のパンに優先的ありつこうとするとそこは運営側も考えております。

“パン屋さんエリア”へは優先入場時間を設定しており優先入場は有料になっています。

最も重要なエリア“パン屋さんエリア”は入場料金が必要

パン屋さんエリアに優先入場するには優先入場料金(500円)が発生します。

しかし、優先入場を考えていない方であれば入場できる時間はかなり遅くなりますが無料で入ることができます。

■パン屋さんエリアの詳細

  • 開催時間:
  • 11:00〜17:00(全日)

  • 優先入場時間:
  • 11:00〜13:30(500円が必要)

  • 一般入場時間:
  • 14:00〜17:00(無料で入場可)

  • 小学生以下無料

前回もそうでしたが、人気のパン屋さんの商品はかなり早い段階で売り切れとなっていました。

やはり、人気パンを食べたいと思っているのであれば優先入場券の購入は必須です。

しかし、世の中の流れに乗ることで優先入場口が無料で使えるようになるのです。

パンのフェス2019はiD使用で優先入場券が無料に!

国の方針やPayPayの100億円還元キャンペーンなどで一気に市民権を獲始めた“キャッシュレス”

まさかのパンのフェスでも電子マネーでこんな特典が得られるのです!

  • パンのフェスで各種電子マネーの使用が可能に(一部店舗では未対応)
  • iDユーザーは無料で優先入場口が利用可能

iDユーザーというだけで500円がお得になるのです!

浮いたお金でもう1〜2個限定パンが食べられるなんて夢のようです。

せっかくiDを持っているのに、使わずにその機能を燻らせている方も多いのが現状です。

この機会に是非とも電子マネーでお得な得点をGETしちゃいましょう!

編集後記:パンのフェス2019in横浜も電子マネー利用がお得

電子マネー利用の特典:

  • iD活用でパン屋さんエリアの優先入場が無料に
  • 電子マネー利用でスムーズな買い物が可能!

これもIoT(モノのインターネット)なのでしょうか。

なんでもデータとして取られてしまう怖さはありますが、そんなことはあまり気にしてはいけません。

お得に美味しいものが食べられればそれでいいんです!

是非ともパンのフェス2019でも電子マネーを使いましょう!

Ads by Google